体験者の声&活動レポート voices&reportsイベントにご参加いただいたご家族の声、ボランティア活動を体験した方たちの声

  • 2022.4【一休宿泊企画第一弾】ホテル雅叙園東京へ行ってきました

    2022.4【一休宿泊企画第一弾】ホテル雅叙園東京へ行ってきました

    この体験談を読む

    2022年度第一回目の一休宿泊企画はホテル雅叙園東京へ行ってきました。

    都心部にありながら、自然や文化財を体感できるホテルです。

    今回はゆうちゃんファミリーをご招待しました。

    ゆうちゃんは去年の1月から治療を頑張っています。コロナウィルス感染症の影響もあり、家族でのお出かけはほとんどできなかったと

    お母さんがお話してくれました。

    今回の旅行はお姉ちゃんもとても楽しみにしてくれていて、私もゆうちゃんファミリーとお会いできることを楽しみにしていました。

     

    当日はお昼過ぎにホテルで待ち合わせ。

    さっそくたくさん泳いでいる鯉を見つけたと楽しそうにお話してくれました。

    スタッフの方が鯉の餌をくれたので家族でさっそく鯉の餌やりです。

    2人のところにたくさん鯉が集まってきます。2人とも夢中になって餌をあげていました。

    夜はお部屋でゆっくり家族だけの時間を過ごしてもらいました。お部屋でのお夕食もおいしかったとゆうちゃんがお話してくれました。

    夜は興奮してなかなか寝れなかったそうです。

     

    次の日はカメラマンのみんさんに来ていただき、家族写真をたくさん撮ってもらいました。

    ゆうちゃんもお姉ちゃんもポージングがとっても上手で写真撮影も終始笑顔と笑い声が絶えませんでした。

    今回の宿泊企画で家族水入らずのゆっくりしたお時間を過ごせていたらとても嬉しいです。

    今回の旅行にご協力してくださった、ホテル雅叙園東京の皆様、ご支援してくださった株式会社一休の皆様に心より感謝申し上げます。

    これからもSmileSmilePROJECTはゆうちゃんファミリーを応援しています。

     

    SmileSmilePROJECT 担当 山田友恵

     

  • 2022年4月 ディズニーイースターで春を満喫してきました

    2022年4月 ディズニーイースターで春を満喫してきました

    この体験談を読む

    例年より早い台風1号が発生したこの4月、Aちゃんご家族と春の東京ディズニーリゾートを楽しんできました。

     

    今回のお目当ては、東京ディズニーランドで3年ぶりに公演されるイースターパレード「うさたま大脱走!」と春らしい色とりどりのスイーツ♡

    ディズニーを満喫するため、まずはAちゃんとお父さんお母さん、みんなで楽しい会議です。どのお店のスイーツを食べようか、限定スーベニアは絶対欲しいよね。プリンセスが好きなAちゃんのために、ファンタジーランドのショーや美女と野獣エリアもチェックして、、、

    1泊2日の旅行を、指折り数えて楽しみにしていてくれたそうです。

     

    当日は近づく台風の影響もなく、ディズニー地方は快晴!

    春の天気は変わりやすく、昼夜の寒暖差も大きいため、寒さ暑さ雨対策、、、なんだか荷物も多くなりますが、そこはいつも頼りになるサポーターさんとラブグラファーさん!今回も3名が旅の仲間になってくれました。

     

    一日目は、東京ディズニーランドにパークイン。Aちゃんの大好きなおじいちゃんおばあちゃんも合流して、パーク内を散策です。

    以前来た時に食べられなかったというアイスクリーム、まずはお店に立ち寄りうさたまが隠れた可愛いサンデーをゲットです。春というより初夏の陽気でアイスクリームが美味しいね!

    限定のスーベニアスイーツもチェックして、おやつを食べながら、お父さんとボランティアさん達作戦会議!

    ショーやアトラクションの抽選や予約、パレードの場所取りや休憩など今日の予定を確認して準備万端、あとは楽しむだけです。

    あちらこちらに色とりどりの花が咲いており、歩くだけで楽しいディズニーランドも春爛漫です。ちょうど桜も満開になっていて、皆さん思い思いにお花見している様子。ここはゆったりと時間が流れているようです。

    Aちゃんも大好きなベルのお城で「美女と野獣」の世界を楽しんだり、オーロラ姫にご挨拶したり、ピーターパンやアリスにも出会いました。

    楽しみにしていたイースターのパレードが始まるころには、風が強くなってきてパレードが中止になってしまわないか心配しましたが、時間になると無事楽しい音楽が聞こえてきました!次々に現れるディズニーキャラクター達に、Aちゃんとお父さん、たくさんたくさん手を振りました。(もちろん私も!)

    陽が落ちるとあっという間に気温が下がりはじめましたが、寒さ対策をして、夜のパレードまで楽しみました。昼間のパレードと違い、キラキラの光とディズニーミュージックで彩られたパレードは幻想的で、45分があっという間でした。風の影響で花火は中止でしたが、今日のお楽しみはコンプリート!今夜はディズニーランドホテルの美女と野獣のお部屋でベルとゆっくり休んでね!

     

    2日目は20周年のディズニーシーにパークイン。20周年のデコレーションにお迎えされ、中に入るとこちらも色とりどりの花でいっぱい。

    今日もゆったりとパークを散策します。水上グリーティングでミッキーとミニーにご挨拶したら、ショッピングも楽しみます。ランドとはまた違ったお土産をお父さんが色々調べておいてくれました。

    集めているスーベニアメダルもゲットして、コレクションが増えたね!

    1日目よりさらに気温が上がり、季節通り越して暑いくらいでしたが、海辺のディズニーシーは爽やかな風が吹いていて外にいても丁度よく、まさにディズニー日和!

    20周年のショーやジャンボリーミッキーなどの抽選も当たり、音楽が好きなAちゃんのお楽しみが今日もいっぱいです。陽気なドナルドに会ったり、ピノキオにご挨拶したり、ここでもキャラクター達がAちゃんを歓迎してくれます!そして、シー限定のシェル型のアイスクリームが美味しかったと教えてくれたAちゃん、後でもうひとつ食べたいとお父さんにおねだりしたようです。

    その後は、楽しみにしていたショッピングで限定グッズをゲットしたり、2階立てカルーセルにもお父さんと一緒に乗りました。2日間同行してくれたラブグラフめもりあさんが、Aちゃんの可愛い楽しげな姿をたくさん写真に納めてくれましたが、Aちゃんの心にも楽しい思い出が増えたかな?

    2日間たっぷり遊んで、疲れてるだろうなと思っていましたが、帰宅後お母さんがくれたメッセージには、ディズニーの思い出に浸りお土産を一つ一つ眺めながら「ディズニーの夢が見れますように」と神様にお願いしていたとAちゃんの様子が書かれていました。

    Aちゃんご家族の楽しい思い出のサポートが少しでもできていたら、私達も嬉しいです。

    SmileSmilePROJECTはずっとご家族を応援しています!Aちゃん、また一緒にお出かけしようね!

     

    SmileSmilePROJECT担当 伊藤和子

  • 2022年3月 ~株式会社一休協賛宿泊企画~ 春の宮崎旅行

    2022年3月 ~株式会社一休協賛宿泊企画~ 春の宮崎旅行

    この体験談を読む

    2021年度最後となりました株式会社一休協賛宿泊企画を3月末に九州地方で開催致しました。

    今回は宮崎県宮崎市の東岸に位置するフェニックス・シーガイア・リゾート内のシェラトングランデオーシャンリゾートへ、ちありちゃんご家族と一緒にお出かけしました。

     

    当日ホテル入口で到着を待っていると、とっても可愛いちありちゃん達3姉妹が1人1つずつキャリーケースをコロコロ引きながら登場しました!

     

    旅行となれば準備の時からワクワクしますよね!

    何を持っていこうか、何を着ていこうか、たくさん考えて準備も楽しんでくれたようです。

    そんなかわいい姿に癒されている間にお部屋に到着しました。

    20階という高層階、オーシャンビューのお部屋です♪

    朝は雨が降っていましたが、ご家族が到着される頃には太陽も出て、お部屋からは広大な黒松林と壮大な太平洋の景色を望むことができ「海だー!」「すごーい!!」と、とびっきりの笑顔。

    SSPサポーターの方が作成して下さったウェルカムボードを見つけて「可愛い!これお家に持っていってもいいですかー?」と、とっても喜んでくれました。

    チェックイン後はホテル散策、お夕食、温泉、そして夜空と太平洋に浮かぶ満月を眺めながらゆっくり過ごされました。

     

    2日目はラブグラファーのあいこっこさんに来て頂き撮影会スタート!

    とっても素敵なお部屋やガーデンエリアでたくさん撮影して頂きました。

    実は写真のポーズを考えてきてね、宿題だよ♪と事前にお願いしていたのですが、見せてくれるポーズすべてが可愛くてスタッフはニヤニヤが止まりませんでした。

    ホテル隣接のガーデンエリアは春のガーデンパーティーがテーマの華やかでフォトジェニックな雰囲気となっていて、ぽかぽか陽気にピッタリ!

    焚火の前でまったりしたり、焼きマシュマロにも挑戦しました。お味はどうかな~?

     

    1泊2日の宿泊企画、ご家族一緒にゆっくり過ごしていただきました。

    今回の春旅がご家族にとって癒しのひと時となりましたら嬉しいです。

     

    SmileSmilePROJECT担当 印東真奈美

  • 2022年3月 思い出の場所・鹿児島に行ってきました!

    2022年3月 思い出の場所・鹿児島に行ってきました!

    この体験談を読む

    一足早い春を迎えた鹿児島にAちゃんご家族と2泊3日の旅行に行ってきました。 

    中学生のAちゃんは就学前までを鹿児島で過ごし、「たくさんの楽しい思い出の場所を巡りたい、そして温泉も楽しみたい」という希望を事前面談で教えてくれました。その希望を叶えるべく、ご家族と一緒に旅行の計画を立てました。 

       

     

     

     

    新幹線で鹿児島中央駅に到着。 

    ホームに降り立って改札を出た時に、「鹿児島に着いたね!」とお父さんがAちゃんに優しく語りかけておられ、この土地の優しさが伝わってくるようでした。 

     

    まずは週末によく通ったという和菓子屋さんへ。 

    好きなお菓子を選んで、イートインできる場所でゆっくりと甘い和菓子をいただきました。 

    その後もパン屋さん、よく遊んだ芝生の公園、そして水族館とホテルにチェックインするまでの間に介護タクシーを利用してたくさんまわりました。それぞれの場所に思い出が詰まっていて、それをご家族が教えてくださるのを聞いていると、ひとつの映画を観せてもらっているような気持ちになりました。 

     

     

     

    一泊目は祖父母が鹿児島に来られた時によく利用していたホテルへ。 

    家族風呂も利用することができ、ご家族でゆっくり温泉を楽しんでいただくこともできました。 

     

    二日目は幼稚園時代に遊びに来たことのある陶遊館へ。 

    ここも懐かしい場所のひとつで、お父さんはマグカップ、お母さんはボール、Aちゃんは壁掛け時計とペン立てを約3時間熱中して制作しました。その後の昼食は美味しすぎて完食したAちゃん。その様子を見て嬉しい私たち。みんなニコニコな時間となりました。 

     

    最終日の三日目は霧島神社へ。 

    ご家族みんなでの参拝姿はとても素敵でした。 

    最後にひいたおみくじは、、、大吉! 

    きっといいことあるね。 

    Aちゃん、また行こうね。 

    SmileSmilePROJECTはこれからもAちゃんファミリーを応援し続けます。

     

    SmileSmilePROJECT 担当 吉岡春菜

  • 2022年3月 4兄弟とお仕事体験をしてきました

    2022年3月 4兄弟とお仕事体験をしてきました

    この体験談を読む

    今回はSSPサポーターの森さんに活動レポートを記載していただきました。

     

    はじめまして。SSPサポーターの森です。今回はSSPサポーターの目線からゆうだいくんご家族とのお出かけをお伝えできればと思います。

    3月中旬、ゆうだいくんご家族とはじめてのキッザニア東京にお出かけしました。

    スタッフの伊藤さん、SSPサポーター2名、ラブグラファーの優美香さんも一緒です。

     

    キッザニアに行く前からたくさんやりたいお仕事を考えていた4兄弟。

    私たちSSPサポーターもゆうだいくん達がしたいお仕事がどこにあるのか確認して準備万端です。

     

    食べることが大好きなゆうだいくんが最初のお仕事に選んだのはピザショップの店員さん。

    エプロンを着けるとあっという間に店員さんに変身です!

    ピザを伸ばしたり、具材を乗せたり、好きな味のピザを4人並んで作りました。

    出来上がったピザは早速みんなで食べました。自分で作ったピザはいつもの何倍もおいしかったかな…

     

    お仕事の間にはみんなで銀行に行って、自分の口座を作りました!

     

    今度は、ハンバーガーショップの店員さんに変身です!

    緑のエプロンもとっても似合っていました。

    具材を重ねて、ソースをかけて、袋に詰めて、美味しそうなテリヤキバーガーの完成です!

    実は、みんなでお出かけした日はキッザニアのお仕事のうち半分が英語で行われる日!

    ピザショップもハンバーガーショップも英語でのお仕事でした。

    英語でお仕事を頑張る姿はとってもカッコよかったです‼︎

     

    ゆうだいくんご家族の素敵な思い出の時間になっていたら嬉しいです。

     

    また、私自身もゆうだいくんご家族の素敵な笑顔に元気や勇気を頂くことができました。

    ゆうだいくんご家族、素敵な時間をありがとうございました!

     

    これからもゆうだいくんファミリーを応援しています。

     

    SSPサポーター 森菜智

  • 2022年3月 親子で楽しむコーヒーセミナーを実施しました!

    2022年3月 親子で楽しむコーヒーセミナーを実施しました!

    この体験談を読む

    暖かい春の陽気に恵まれ、3月6日に「親子で楽しむコーヒーセミナー」を開催しました。 

     

    コーヒーには特別なちからがあると感じています。 

    疲れた時にはリラックスさせてくれ、背中を押してほしいときにはエネルギーチャージをしてくれる。コーヒーの香りや味わいにはそんな効果を感じます。小児がんと向き合うご家族に集まっていただき、コーヒーを通してそれぞれにとってよい時間を過ごしてもらいたいという願いを込めて4回目の実施となりました。 

     

    今回は3組のご家族が参加され、いずれも同じ時期に同じ病院で治療生活を過ごされた方々でした。コロナ渦ということもあり退院後もなかなか会えなかったという3組のご家族は、タリーズコーヒーのスタッフの方々から美味しいコーヒーの淹れ方を教わったり、コーヒーにまつわるクイズを楽しみ、お子さんが淹れたコーヒーとチーズケーキを囲んで尽きることのない会話を楽しまれました。 

    今回のイベントには小児がんサバイバーとして活動しているさきちゃん(19歳)とお母さんがサポーターとして参加してくれました。さきちゃんと年齢が近い参加者の女の子は交流を通してどんなことを感じたのか、同じ病気と向き合った同世代としてさきちゃんは何を語りかけたのか、このような場から生まれる交流がきっと当事者の子どもたちやご家族にとってかけがえのないものになるのではないかと感じました。 

     

     

    このイベントはタリーズコーヒージャパンさま、株式会社シスメックスさま、ラクスエアホテルさまのご協力によって開催することができました。ありがとうございました。 

  • キッザニア甲子園ご招待イベント【参加されたご家族からの声】

    キッザニア甲子園ご招待イベント【参加されたご家族からの声】

    この体験談を読む

    2022年2月15日に開催致しました“キッザニア甲子園ご招待イベント”に参加されたご家族から活動レポートが届きました!

    今日は参加されたご家族の声をご紹介致します。

     

    私の兄は5歳のとき、白血病で亡くなりました。私が生まれる前、今から約50年前のことです。兄の余命3カ月を告げられた両親は、自宅近くの病院に連れ帰り、最後を看取ったそうです。兄の命日に母は必ず墓前に小さなカップヌードルと炭酸ジュースを供えていました。お供え物とは縁遠い品に幼かった私はなぜそんなものを供えるのか母に尋ねると、母は、「お兄ちゃんは病院で亡くなるまで『一度でいいからカップヌードルを食べてみたい。炭酸ジュースを飲んでみたい』と言っていたの」と泣きました。好きなことができなかった兄の悲しみと、好きなことをさせてやれなかった母の無念さを幼心に感じたのを覚えています。

    時が経ち、私も三人の子の母になりました。そして末の娘は小学4年生の時、左目の視力を失ったことで脳腫瘍と判明し、自宅から遠く離れた病院での長い入院生活が始まりました。亡くなった兄が最初に治療を始めた病院でした。そこで寝泊まりしながら付き添いをしていた私は、明け方のデイルームで、ふとあるパンフレットを手にしました。

    そこには、娘と同じように病気と闘っているお子さんたちが、憧れの野球選手に出会ったり、イルカと触れ合ったりとそれぞれの夢を叶え、笑顔いっぱいの写真が載っていました。「やりたいことができる。なんて素敵なことなんだろう。」病に負けず、懸命に前を向いて生きようとする姿に勇気をもらうと共に、そんな子どもたちの夢を叶えてくれるジャパンハートの存在をその時初めて知りました。

    それから半年後、娘は手術や化学療法を経て、退院することができました。

    自宅療養をしながら復学を叶えることはできたものの、体調によっては登校できなかったり、友達と同じようには行事に参加できなかったりと、制限は否めませんでした。

    そんな時、ジャパンハートのスマイルスマイルプロジェクトを知ったのです。

    「あの時の!」とすぐに思い出し、ぜひ娘にもイベントに参加させてやりたいと思ったものの、申し込みをためらう自分がいました。娘の退院後しばらくして、自分自身の病気が判明し、二度目の手術を控えていた時だったからです。

    しかし勇気を出して申し込んでみたところ、ジャパンハートのスタッフの方々とやり取りをするうちに、不安な気持ちは消えていました。

    事前の打ち合わせには、私が入院する病院までスタッフの方が足を運んでくださいました。初対面にも関わらず、本当にあたたかく寄り添って話を聞いてくださり、こちらの不安要素が全てなくなるまで丁寧に打ち合わせをしてくださいました。また当日を迎えるまでの間に、メールやLINEで随時連絡をとってくださり、私の入院中には自宅に当日の細かいスケジュールやパンフレットなど郵送で送ってくださるなど、きめ細やかに対応してくださり、本当に安心しました。

    そして迎えたイベント当日。現地に向かう車中でさえ娘はワクワク感が抑えきれないようでした。集合場所でスタッフさんやボランティアさんに初めて対面したときは緊張していた娘も、皆さんに優しく笑顔で接していただくうちに、すぐにうちとけてはしゃいでいました。

    娘にとっては生まれて初めてのキッザニア。私も退院して間もなく、体調にも不安を感じていましたが、ボランティアさんがすでに丁寧に下見をして計画を立ててくださっており、また皆さんが娘の体調はもちろん付添いの私にまで無理がないように心を配ってくださり、とてもありがたく感じました。

    娘の希望をできるかぎり叶えようと、そして少しでも楽しい時が過ごせるようにと、スタッフさんやボランティアさん、カメラマンさんが、常にあたたかい言葉をかけてくださり、寄り添ってくださいました。

    キャビンアテンダントや声優、ソフトクリーム屋さんなど、事前にやってみたいと希望していたブースはもちろん、ボランティアさんの機転のお陰で幸運にも体験することができたファッションモデルなど、娘は夢のような時間を過ごすことができました。娘の体力を考えても、きっと途中でしんどくなって帰ることになると予想していたのですが、驚いたことに娘は普段では考えられないほど元気に過ごし、最後まで活動を楽しむことができたのです。それは支援してくださった皆さんのあたたかいサポートのおかげでした。娘の満面の笑顔と、楽しくてしかたがない様子を見て、こんなすばらしいイベントに参加させていただいて本当に良かったと胸がいっぱいになりました。我が子に好きなことを何の不安もなくさせてやれる幸せ。兄や母のことを思い、涙が溢れそうになりました。

    「楽しかったー!きっと神様がご褒美をくれたんだね!ありがとう!」イベントの帰途、娘がうれしそうに言った言葉のとおり、今回の経験は私たちにとって思いがけない最高の贈り物になりました。しかしそれ以上に、このスマイルスマイルプロジェクトの方々と出逢えたことが、何よりの宝物になった気がします。

    娘の闘病中には、私たちがあのパンフレットの子どもたちのように、こんなに幸せな体験ができるなんて思いもしませんでした。ジャパンハートのことを知らなければ、きっと私も兄と母のように、我が子が「やってみたい!」と思うことがあったとしてもあきらめてしまっていたことでしょう。今この時にも病気と闘っている子どもたちやご家族の方々にもジャパンハートのことを知ってもらい、一人でも多くの方が笑顔あふれる幸せな時間を過ごされることを願っています。

    またいつか、スマイルスマイルプロジェクトの皆さんと再会できる日を心から楽しみにしています。笑顔あふれるかけがえのない時間を、忘れられない思い出を本当にありがとうございました。

  • 2022年3月 初春の南紀白浜へ

    2022年3月 初春の南紀白浜へ

    この体験談を読む

    今回は、和歌山県の南岸にあるリゾート南紀白浜に行ってきました。

    絶景の海岸や白浜温泉、可愛いパンダがいるアドベンチャーワールドなどが有名な南紀白浜ですが、私にとってはSmileSmilePROJECTで初めての担当したご家族と出かけた想い出の場所です。

    そんな南紀白浜に、今回お迎えしたのはAくんご家族。1年ほど前、治療が一段落した段階でお問合せをしてくださったのですが、コロナの影響もありやっと叶った家族旅行です。はじめは、飛行機での遠出や人気のテーマパークなど旅行先を色々検討していましたが、Aくんの体調やコロナの感染状況を見ながら決めたのは車で移動できる場所。

    旅の目的を聞くと、治療中食べることができなかった、Aくんが大好きないちごをたくさん食べさせてあげたい!一緒に頑張ったお兄ちゃんをアドベンチャーワールドで楽しませてあげたい!と、お母さんが教えてくれました。

    当日は、予報通りの快晴、春爛漫の暖かさでした。青空の下、アドベンチャーワールドで待っていると手作りの旅のしおりを手に、元気な兄弟が姿を見せてくれました。アドベンチャーワールドは陸と海の動物が1400頭も住んでいて、動物園、水族館、遊園地がある子どもも大人も楽しい場所。とても広いので、どこから行こうか?と聞くと、お兄ちゃんがしおりの地図と行きたい場所を書いてきたページを見せてくれました。下調べ万端!

    入園すると早速ペンギンのお出迎え、大きなパンダちゃんと一緒に家族写真を撮ったら、まずは海ゾーンに向かいます。ここでは、楽しみにしていたイルカショーとイルカのおやつタイムに参加です。たくさんの技を見せてくれるイルカ達を真剣に見るお子さん達、ご両親が時折話しかけながら家族みんなが笑顔で並んでショーを楽しむ姿を見ていると、きっと大変な闘病生活乗り越えてきたんだろうなとこみ上げるものがあります。

    当たり前にも思える家族の時間が、本当に幸せで当たり前じゃないんだなと、たくさんのご家族に教えてもらっています。

    海ゾーンの後は、パンダを横目に見ながらお兄ちゃんが行きたかった遊園地ゾーンへ移動しました。たくさんの乗り物に目移りしながら、ゴーカートや観覧車、プレイゾーンを家族みんなで閉園時間まで楽しみました。遊べる体力がAくんについてきたことに、ご両親はとても嬉しそうでした。

    次の日は、朝からどんより雲のお天気。これも予報通り、午後から雨になりそうですが、雨でも安心なハウスのいちご狩りに向かいます。いちごのハウスに入ると、ほのかないい香り。たくさんのいちごを見てAくん歓声を上げていました。どれでも好きなだけ食べてもいいんだよというお母さんの言葉に、Aくん目がキラキラです。

    いちごの赤ちゃんだねとAくん

    こちらのいちご農園は4種類のいちごが食べ放題。広いハウスの中を移動しながら、たくさんのいちごを食べ比べ、ご家族それぞれが好きな種類を教え合ったり、写真を撮ったりして楽しい時間をすごしました。その後は、雨でも楽しめる和歌山ならではの梅干し工場見学や、お土産ショッピングをして、夕方には美味しい夕食と温泉が待っている宿に戻り、ゆっくりと家族の時間を楽しんでいただきました。

    梅酒作りもしたよ

    3日目は、釣り放題の海上釣り堀で釣りに挑戦です。前日の雨が嘘のような良いお天気で、釣り日和です。ライフジャケットを着て、クーラーボックスと道具を持って、やる気満々です。子どもたちに、色々な体験をさせたいと言っていたお父さん、餌のオキアミや団子のつけ方や釣りのやり方をお兄ちゃんに説明しています。山と海に囲まれ、のんびり3時間。時には、毒のある魚や小さなフグなんかも釣れましたが、あじやいさき、マダイなど大漁でした。今日の夕飯は、たくさんのお魚の料理担当はお父さんだそうです。

    たくさんの魚とお土産を乗せたご家族のくるまを見送り、3日間の楽しい旅はあっという間に終わりました。

     

    3日間一緒に過ごした時間の中で、ご両親がAくんが発病してからのこと、家族みんなが必死だったと、とにかく必死でそれぞれが頑張ったと闘病生活の話をしてくれました。仲良しで明るいご両親からは、もちろんそんな様子は感じないのですが、治療が一段落した今も、Aくんの成長発達への治療の影響など心配ごとが色々あることなども教えてくれました。長期間、辛いことが多く伴う小児がんの治療は、治療が終了した後も心配がなくなることはありません。

    そんな病気と向き合うお子さんとご家族に、活動を通して少しでもサポートができたらいいなと思っています。ご家族の旅行という大切な濃い時間を一緒に過ごすので、いつも気持ちはいつも親戚のおばさんです。

    SmileSmilePROJECTは、これからもAくんご家族を応援しています。

     

    SmileSmilePROJECT担当 伊藤和子

     

     

     

     

     

     

     

  • 2022年2月 さくらちゃんご家族 春のディズニー旅行

    2022年2月 さくらちゃんご家族 春のディズニー旅行

    この体験談を読む

    あたたかな日差しが心地よい季節となってきました頃、さくらちゃんご家族と一緒に東京ディズニーリゾートへお出かけして来ました。 

     

    1日目はディズニーシーへ行きました。 

    SSPサポーター2名とカメラマンのよっちさんとお出かけです。 

    まずはさくらちゃんがずっとほしかったアリエルのポップコーンバケットを買いに行き、 

    食べたかったカレーポップコーンを食べました。 

    そのあとはみんなでのんびりパーク内をお散歩。 

    お天気もとってもよくて歩いているだけで楽しい気持ちになります。 

    おなかを満たしてお散歩した後はみんなでニモのシーライダーへ。 

    兄弟3人で仲よくライドです! 

    マーメイドラグーンではコーヒーカップに乗ったり、お買い物をしたりして過ごしました。 

    最後はお兄ちゃんがずっと乗りたかったタワーオブテラーへ。 

    少し緊張気味に乗り物にお父さんと向かいます。 

     

    出てきた時に笑顔だったので家族みんな一安心です。 

    楽しかった!とお兄ちゃん笑顔で教えてくれました。 

    2日目はディズニーランドに行って来ました。SSPサポーター2名、カメラマンのよっちさんと一緒にお出かけです。さくらちゃんは欲しいものがあったので昨日はグッズを買うのを我慢しました。なのでまずほしかったスティッチのお人形を探しにショップへ行きました。しかし・・・なんとスティッチのグッズは今パークにないとのこと。 

    気を取り直してポテトを食べます! 

    その後スティッチに会えるアトラクションに行きました。 

    パーク内をお散歩しながらショッピングも楽しみました。すると。なんと!スティッチのパペットを発見!「わぁ、かわいいい!」とさくらちゃんくぎ付けです!お母さんから預かったおこづかいで自分でほしいものを買いました。 

    ゲームをしたり、ピザを食べたりしていると、スペースマウンテンのあたりがざわざわしています。スタッフが小走りで確認すると!なんとスティッチとエンジェルがご挨拶に来てくれているではありませんか!ダッシュでさくらちゃんの所まで戻りご報告。「会いたい!」との事で一緒にご挨拶に行って来ました。 

     

    大好きなスティッチ、エンジェルと一緒に写真を撮る事ができました!ディズニーの魔法☆ 

     

    午後から風が強くなり気温も下がってきましたが、イッツァスモールワールドでたくさんのプリンセスを見つけたり、プーさんと一緒にはちみつを探したり。ご家族と一緒にたくさんパークを巡りました。 

    夜はお泊りしているホテルのお部屋から花火を鑑賞。とっても綺麗だったね! 

     

    2日間それぞれ2名ずつサポーターの方に来て頂きました。ご兄弟と一緒にアトラクションに乗ったりお散歩したり、たくさんサポート頂きました。ありがとうございます。 

     

    SmileSmilePROJECTはこれからもさくらちゃんとご家族の応援団です! 

    SmileSmilePROJECT 山田友恵・印東真奈美 

  • 2022年2月 キッザニア甲子園ご招待イベントを開催しました! 「それぞれみんなが主人公」

    2022年2月 キッザニア甲子園ご招待イベントを開催しました! 「それぞれみんなが主人公」

    この体験談を読む

    2022年2月15日にシスメックス株式会社協賛でキッザニア甲子園ご招待イベントを開催し、4組16名のご家族をお迎えしました。運営サポートボランティアはスマスマサポーターの他にラブグラフのカメラマンであるあおいろさんみくさん、そしてシスメックス株式会社の社員さんたちです。

     

    集合写真を撮影したら、まずはどのお仕事を予約するのか作戦会議をして出発です。ピザ屋さん、パン屋さん、お医者さん、消防隊員、印鑑作り、メガネ屋さんなどなど、たくさんのお仕事に挑戦したい子どもたちの眼はキラキラしていました。

     

     

    きょうだいでふざけている子どもたちも、お仕事の制服を着たらシャキッと背筋を伸ばして真剣な眼差しでお仕事をこなしていました。お仕事のあとは、銀行に直行してもらったお給料を貯金する子も、、、。その堅実さに驚きながらも笑顔になるお母さんもおられました。

     

     

    この日はきょうだいのみんなにも主役になってもらいたいので、お子さんそれぞれにボランティアさんが付き添っていただき、きょうだいで別のお仕事に挑戦したいときも我慢せずに体験してもらうことができました。自分がお仕事で作ったウィンナーをボランティアさんにプレゼントして、「おいしい!ありがとう!」の声ににっこり笑顔なお子さんも。誰かに「ありがとう」をもらえるのって嬉しいよね!

    それぞれみんなが主人公となったイベントはあっという間に閉園時間を迎え、たくさんのお仕事を体験してもらうことができました。

    キッザニア甲子園、シスメックス株式会社、ラブグラフ、そしてスマスマサポーターの皆さん

    ありがとうございました!

     

    SmileSmilePROJECT 𠮷岡春菜

  • 2022年2月 サンリオピューロランドで大好きなシナモンに会ってきました!

    2022年2月 サンリオピューロランドで大好きなシナモンに会ってきました!

    この体験談を読む

    はじめまして。
    ジャパンハートで広報のお仕事をしています、中山です。
    私は普段、団体にご支援をいただけるような広報活動、また、いただいたご支援によりできた活動のご報告などをお仕事としています。

    基本的には事務局での作業ですので、現場での活動をその場で目にする機会はあまりありません。

    そのような私ですが、今回は付き添いスタッフとしてSmiliSmilePROJECTの活動に参加しました。

    サンリオの人気キャラクター、シナモロールが大好きなAちゃんと過ごしたピューロランドでの素敵な時間を、私目線で皆さんにお伝えできればと思います。

    この2月は、もともとピューロランドでのイベントを企画していましたが、コロナ感染状況や雪予報の影響などもあり、イベントは中止。今回は、Aちゃんの家族旅行のサポートとなりました。

    Aちゃんと合流後、エントランスを抜け、最初に向かったのはショッピングコーナーです。

    たくさんのサンリオキャラクターグッズが並べられていますが、Aちゃんはまっすぐシナモンエリアに向かいます。

    食器に、エプロン、キーホルダーにカチューシャ、ぬいぐるみ、、、!!

    どれも可愛すぎて選ぶ手が止まりません。

    目を輝かせているAちゃんに、今日1日、目いっぱいピューロランドを楽しんでもらおう!とより気合が入りました。

     

    お買い物をするとノベルティでアクリルキーホルダーがもらえるのですが、中身が見えないように包装されているため、開けるまでどのキャラクターが出るか分かりません。

    そんなドキドキを感じながら、いざ開封の儀。

    お目当てはもちろんシナモンです。

    結果は、、、残念、、、、、!!シナモンはまた次の機会となってしまいました。

    気を取り直して、次はシナモンとの写真撮影に向かいます。

    順番待ちの列に並び、ついにAちゃんの順番がきました。

    目の前にあの大好きなシナモンがいます。

    たくさんお話して一緒に写真を撮って、シナモンとの時間はたっぷり楽しめたようです。

    そのあとは、予定を終えたきょうだいさんと合流しました。

    先ほど買っておいたシナモンのカチューシャを快くつけてくれたきょうだいさん。

    仲の良いシナモン姿の2人を、お母さんが嬉しそうに眺められていたのが印象的でした。

     

    次は3階のシナモンふわもこタウンです!

    撮影スポットがたくさんあり、一緒に参加してくださったサポーターさんがどんどんシャッターを切っていきます。

    カフェではご家族の時間をゆっくり過ごしていただきました。

    そのほか、旅行前のオンラインのお顔合わせで事前に聞いていたAちゃんのリクエスト、シナモンのイルミネーションライブやキャラクターボートライドも満喫。

    それから最後にもう一度、お土産などの追加のお買い物を楽しみます。

    そしてなんとここで!シナモンのアクリルキーホルダーが出ました!!

    大好きなシナモンを引き当て、とても嬉しそうなAちゃん。

    最後で見事当てるとは、こちらもテンションが上がります٩(*”▽”)و

    1日中雪が降り続いたこの日ですが、ピューロランドでのひとときを満喫していただけました。

     

    最初に書きましたように、私は普段事務局でお仕事をしています。

    SmileSmilePROJECTやジャパンハートの活動を知ってもらう業務を担う立場としては、
    Aちゃんご家族とご一緒した素敵な時間は、私にとって貴重な現場経験です。

    旅行やイベントで、ご家族の皆さんがどのように過ごしていらっしゃるのか、スタッフはどのようなサポートをしているのか。

    現場でしかわからないことや感じられない雰囲気、そして何よりもご家族の生の声に触れることができた1日でした。

    この日の最後に、「多少疲れても帰りたくないくらい、楽しくていい思い出になりました!」と Aちゃんが私たちに伝えてくれました。
    隣で見たAちゃんのとても楽しそうなお顔が、これからの私の広報活動を後押ししてくれる気がしています。

    Aちゃん、ご参加ありがとうございました!

    また一緒にお出かけしましょう。

     

    広報・ファンドレイジング部 中山佳子

  • 2022年2月 りゅうちゃんご家族のディズニー旅行

    2022年2月 りゅうちゃんご家族のディズニー旅行

    この体験談を読む

    綺麗な青空広がる冬晴れの日に、りゅうちゃんご家族と一緒に1泊2日ディズニーランドに行って来ました!

    入園後はまず記念撮影!りゅうちゃんは初めて見る世界にワクワクが止まりません。

    さっそくジャングルクルーズ、ウエスタンリバー鉄道に乗車しました。りゅうちゃんは大好きな動物たちをたくさん発見!大好きな恐竜にも会えたね!お姉ちゃんもたくさんの動物を発見して名前をいっぱい教えてくれました。

    1日目はSSPサポーターとラブグラファーのかなこさんにお付き添い頂きました。ディズニーが大好きでとっても詳しいお2人にサポートいただき、パーク内をお散歩しながらたくさんのアトラクションに乗りました。

    お姉ちゃんはサポーターさんとかなこさんと仲良く手を繋いで歩きながらいろいろなお話をしました。いつもは早寝のりゅうちゃんですが、夜のパレードや花火もみんなで一緒に見る事ができました。

     

    たくさん遊んだから夜はぐっすりかな?・・・というみんなの予想は大はずれ(笑い)‼「お城みたいなホテルだね」とりゅうちゃんもお姉ちゃんもキラキラしたホテルを満喫しました。

     

    2日目はスタッフと一緒に再びディズニーランドへ♪

    ショーの抽選に当たり、お姉ちゃんは大好きなプリンセスに会うことができました。

    りゅうちゃんもバギーを降りて、てくてく、てくてく、たくさん自分の足で歩いてお散歩しました。

    その姿に「こんなに自分で歩く事がほとんどなかったんです」とご家族はビックリ!

    どこにいても楽しいが溢れているディズニー。色々な所に自分で行ってみたくなりますね。歩く姿がとっても可愛くて尊い。スタッフ、ディズニーのキャストさんもメロメロです。

    今回のお出かけは、病院の主治医の先生、病棟の担当看護師さんや保育士さん、そして在宅の先生方がたくさん背中を押してくれました。

    このコロナ禍にお出かけするリスク、不要不急ではないか、ディズニーに行く事が正解なのか・・・

    ご家族はすごく葛藤されました。でも、「今」を大切にしたいとご依頼頂きました。

    2日間ディズニーランドで遊ぶりゅうちゃんとお姉ちゃんの姿を見て、「お姉ちゃんもずっと頑張ってきたので、楽しい時間を過ごせてよかったです」「今まで知らなかった世界に連れて行ってあげられて、喜んでいる姿を見られて、このタイミングで来て本当に良かったと思えました」と、ご家族はお話下さいました。

    ご不安の中のお出かけであったと思いますが、ご家族みんな笑顔溢れる2日間となりました。

     

    SmileSmilePROJECTはこれからもりゅうちゃんご家族を応援しています!

    また一緒にお出かけしましょうね♪

     

    SmileSmilePROJECT 印東真奈美