Voicesイベントにご参加いただいたご家族の声、ボランティア活動を体験した方たちの声

  • 一休宿泊企画~箱根で過ごす家族の時間~

    一休宿泊企画~箱根で過ごす家族の時間~

    この体験談を読む

    気温が高くなり始めてきた5月下旬。一休宿泊企画を実施しました。

    1組のご家族様を箱根 翠松園へご招待しました。

    治療後の合併症などにより、家族でゆっくり過ごす時間がなく、久しぶりに家族でゆっくりとした時間を過ごしたいと応募してきてくれました。

     

    今回宿泊した旅館は、落ち着いた雰囲気の風情のある旅館。お庭がとっても広くて、自然があふれていました。

     

    以前、ディズニーシーご招待企画に参加してくれた和奏ちゃん。すっかりお姉さんになっていました。

    旅館に到着して、まずはお部屋の中を散策。

    広いお部屋に大きなテレビとソファがあり、お部屋を見渡しただけで楽しい気持ちが高まります。

     

    お風呂場の奥には、大きな露天風呂があり、ご家族皆様とっても喜んでくださいました。

    素敵なお部屋で一休みしてから、中庭をみんなでお散歩です。広いお庭を家族3人でのんびり過ごす時間。

    和奏ちゃんの笑顔にみんな自然と笑みがこぼれます。

     

     

    たくさんお散歩した後は、待ちに待った夕食の時間です。和奏ちゃんの大好きなお肉料理です。

    目の前で調理してもらい、とってもおいしかったとご家族が話してくれました。

    夜も露天風呂に入ったり、お部屋でゆっくり休めたとお母さんが話してくれました。

    ご家族の楽しそうな姿を見て、私たちスタッフもとても嬉しい気持ちになりました。

     

    旅行後、ご家族からの声を紹介します。

    「娘の笑顔があふれる2日間でとにかくとにかく幸せな時間を頂きました。一生の思い出です。家族だけでは体験させられない経験をさせて頂きました。一生で一回のお宿でした。とにかく贅沢で一秒一秒が奇跡のような時間でした。スタッフの方達にも笑顔で優しく接していただいて、盛り上げていただきました。感謝ばかりです。家族でこんなにもゆったり穏やかで贅沢な時間は初めてです。ありがとうございました。」

     

    今回、ご支援くださいました株式会社一休様、私たちスタッフと一緒に様々な準備をしてくださった箱根 翠松園の皆様に心より感謝申し上げます。

    本当にありがとうございました。

     

    SmileSmilePROJECT担当 小林友恵

     

  • 花いっぱいのハウステンボスへ

    花いっぱいのハウステンボスへ

    この体験談を読む

    新緑がまぶしい季節に、長崎ハウステンボスに行ってきました。

     

    宮崎から長崎までのプチ旅行にお迎えしたのは脳腫瘍と闘うYちゃんご家族。1年半の入院治療を、ご家族みんなで頑張ってきました。

    今回は、そんなご家族を支えた病院の主治医の先生からSmileSmilePROJECTのことを教えてもらったと、お母さんが申込みをしてくれました。

     

    コロナ感染症がなければ、長崎市内で美味しい長崎ちゃんぽんを食べたいなと観光も考えていましたが、

    感染状況をみて安全を考え今回はハウステンボス内の素敵なホテルに泊まり、家族でゆっくりハウステンボスを楽しむ!という旅行になりました。

     

    旅行当日は、爽やかな晴天!

    SSPサポーターさんが作成してくれたしおりを大事そうに持ってきてくれたお兄ちゃんと、おなかがすいてちょっとご機嫌ななめなYちゃん、可愛いきょうだいにご挨拶をして早速ハウステンボスに入園です。

    感染対策したチューリーちゃんがお出迎え

     

    日本一広い(東京ディズニーランドの約2倍だそう!)九州が誇るテーマパークには四季折々の花があふれていました。

    のんびり歩くだけで楽しいハウステンボス。風車や馬車をみていると、なんだか日本にいることを忘れてしまいます。

    おっきな恐竜を横目に見ながらアトラクションランドに進み、フワフワランドで遊んだ後はショッピング。その間に、お昼ご飯のリサーチも忘れません。

    せっかく、長崎に来たんだから長崎ちゃんぽんを食べないとね。お兄ちゃんはパリパリうどんを食べることを楽しみにしていたそうです。

    おなかが満たされたら、お父さんの希望でワンピースのサニー号を見にハーバータウンまで移動します。

     

    あれ?サニー号いない??

    なんと、定期点検中で港を留守にしていました。お父さん、これを楽しみに長距離運転頑張ってきたそうなのに、、。残念!

     

    背中寂しい・・・

    お馬さん怖くないよ~

     

    気を取り直してフォトブースで、家族写真を撮ったりお土産を選んだりした後は今日の宿泊先、ホテルヨーロッパにチェックイン。

    ホテルで休憩し、夕食がてら夜の街にも出てみました。

    夜は昼間と変わり、大人っぽい雰囲気です。光の王国というだけあり、どこもキラキラ。

    イルミネーションのいっぱいの街並みを散歩し、光のショーも楽しみました。

     

    次の日はカナルクルーザーに乗ってホテルを出発し、再びアトラクションゾーンへ。

    お兄ちゃんが楽しみにしていた恐竜の森で、恐竜のDNAを見つけるミッションに家族(に私も混ぜてもらい)挑みます。親子の抜群のチームワークで、成功率1%という最終ポイントまで行きましたが、最後はクリアならず、、。惜しかった~

    その間、よっしー(春菜医師)とフラワーガーデンを散策していたYちゃんですが、お父さん、お母さんの姿が見えなくなったのでとちょっとそわそわぐずぐずしていたそうです。

    小さくたって、ちゃんと色々わかってるんだよね!

    すやすやお昼寝タイム

     

    その後も、光のファンタジアやチョコレートやチーズなど目移りしながら美味しい楽しい散策をしました。しおりに書いてくれた、食べたい物のひとつご当地グルメの佐世保バーガーもちゃんと食べました。青空の下で家族で囲むランチはとても美味しかったね。

    スイーツ女子のYちゃんも家族一緒に美味しいもの食べて満足してくれたかな。

     

    ご両親はYちゃんの病気がわかった時、生きることが難しいと言われたそうです。元気になってこうやって旅行にくるまでになって、治療を頑張ってきて良かったとお母さんが教えてくれました。小児がんの治療は長く辛いことが多く、それは病気のお子さんはもちろん、治療に向き合う家族全員が同じで、それぞれが不安だったり寂しい時間をすごしています。Yちゃんご家族も、たくさん悩んだりしながらも前を見て、治療に向き合ってこられたのだと思います。

    だから、こうやって頑張ったご褒美としての楽しい時間を共有させてもらえること、お子さんとご家族の笑顔を見れることは私達医療者にとっても、嬉しいことなのです。

    ご家族の大切な時間をサポートさせていただきありがとうございました。

    次は長崎観光かな? 今度は一緒にサニー号乗りましょう!

     

    SmileSmilePROJECT担当 伊藤和子

     

  • 小さなプリンセスと夢の世界へ

    小さなプリンセスと夢の世界へ

    この体験談を読む

    4下旬、4月とは思えない夏のような日差しの中、Aちゃんファミリー2泊3日のディズニー旅行行きました 

    昨年9月も一緒に私たちSmileSmilePROJECTのメンバーとお出かけをしていたため、 

    Aちゃんも妹も緊張した様子はなく、すぐに打ち解けてくれました 

     

    2週間前の面談からお出かけの日をとっても楽しみにしていたとお母さんから聞いていて、 

    私たちスタッフとボランティアさんもお出かけの日を迎えることができて、嬉しい気持ちで 

    いっぱいでした。 

    パークは人数制限がかかっているとは思いつつも、混雑具合など不安はありました。 

    なので事前にしっかりと乗り物の状況や、天候、Aちゃんの希望に沿ってスケジュールをたてました。 

    当日はお天気も良くてディズニー日和でした 

    前泊でミラコスタの景色がよく見えるホテルにお泊まりして、まずはディズニーシーへ向かいました。 

    大好きなトイストーリーのアトラクションの予約を取って、パーク内をお散歩です。 

    パーク内はとても空いていて、あまり人混みが無い状況に一安心。 

    できるだけ他の人と近い距離にならないように気をつけながら遊びました。 

    トイストーリーマニアの時間になるとみんなのテンションも上がっていきます。 

    ボランティアさんとラブグラファーさんとみんなでいざトイストーリーマニアへ 

    Aちゃんとっても楽しかったみたいで、みんなに点数を聞いていました 

    そのあとは、ソルトのポップコーンを食べながら、パレードを見たり、ダッフィーと一緒にお写真を撮ったりしました。 

     Aちゃんソルトのポップコーンがとっても気にいったみたいで、なんと3杯も食べました。 

    みんなその姿に自然と笑顔がこぼれます 

     

     そして2日目の夜はAちゃんの大好きなディズニーランドホテルの美女と野獣のお部屋にお泊りです。 

    お部屋に到着する、とっても嬉しそうにお部屋を見渡しています 

    お姫様みたいなベッドが並んでいて、どこで寝るか家族で相談です 

     

    3日目のディズニーランドに備えて2日目の夜はぐっすり眠れたみたいです。 

     

    3日目もとってもいいお天気でした。お部屋でお写真をたくさん撮ってからディズニーランドへ。 

     

    パーク内に入るとさっそく大好きなベルがお出迎えをしてくれました。 

    ベルがAちゃんにご挨拶にきてくれました。私たちみんなで大喜びですバッチリ記念撮影もできました 

     

    まず最初に、大好きなラーメンを食べに行きました 

    ーメンをしっかり食べて体力つけてさっそくアトラクションへ今回の1番の楽しみイッツアスモールワールドです 

    Aちゃんと妹2人で小さな世界を歌っている姿がとにかく可愛くて、私たちも自然と口ずさんでいました。 

    みんなで小さな世界へ足を踏み入れます1つ1つ、エリアを周っていきます。 

    楽しそうなAちゃんをみんなで見守ります。 

     

     

    それからバズのアトラクションにも行きました。 

    可愛いモンスターズインクの被り物をして、モンスターズインクののアトラクションにも行きました。 

     

    そして、パレードも見ることができました。 

    前の方で一生懸命手を振るAちゃんにプリンセス達がご挨拶をしてくれて、とっても嬉しそうでした。 

    プリンセス達に手を振るAちゃんを見て、また一緒にディズニーランドに来ることができて本当によかったと心から思いました 

    普段、治療を頑張っているAちゃんの楽しそうな姿を、お母さんとお父さんは嬉しそうに見つめていました。 

    そんな家族の時間をサポートできることに喜びを感じるとともに、この旅行を最高の思い出にできるようにしようと改めて思った瞬間でした 

     

    お母さんが抽選で当ててくれた美女と野獣の新しいアトラクションにも乗って、ミッキーとも記念撮影をして、最後はカリブの海賊に乗って、楽しい時間は終わりを迎えました。 

    帰り際まで元気いっぱいのAちゃん。笑顔でお別れをしました。 

     

    この3日間がAちゃんとご家族にとって素敵な時間となっていたら嬉しいです。 

    またお会いできる日を楽しみにしています。 

     

     

    SmileSmilePROJECT 小林友恵 

     

     

     

  • 大好きな夢の国へもう一度行こう

    大好きな夢の国へもう一度行こう

    この体験談を読む

    今回は駿汰くんとご家族と 1 泊 2 日でディズニーランドへ行ってきました。
    出発は駿汰くんが入院している病院です。
    主治医の先生と看護師さんたちにお見送りをしてもらい、いざ出発です。

    お出かけ前からプーさんの歌を口ずさんで、少しずつ気持ちが高まります。
    大好きなカーズの帽子をかぶせてもらって準備万端です。

    ディズニーランドホテルのエントランスで家族みんなで記念撮影です。

    お天気は晴れ。まさにディズニーランド日和。
    今回もスタッフ小林と伊藤の晴れ女パワー全開です。
    入園すると、ディズニーランドの装飾はすっかり春の仕様に。お花は鮮やかな紫やピンクで
    彩られていて、春の訪れを感じさせてくれます。

    まずはパーク内をお散歩しながら、お姉ちゃんの大好きなベイマックスのところへ。
    可愛いパペットのぬいぐるみを発見。とっても可愛いです。
    買ったベイマックスを駿汰くんにも見せてあげていました。
    今回のお出かけの仲間が増えました。

     

    そのあと、新しくできた美女と野獣のエリアのお城の前で記念撮影。
    お城をバックに素敵な家族写真を撮ることができました。

     

    記念撮影の後は、駿汰くんの大好きなイッツアスモールワールドへ。
    小さな世界に入ると、駿汰くんのテンションは一気に上昇です。
    音楽にあわせてリズムをとっています。大好きな音楽にあわせてノリノリな駿汰くん、
    とっても楽しそうです。

     

    お昼休憩を挟んで今度はお姉ちゃんがお母さんとベイマックスのハッピーフライトへ!
    お姉ちゃんもとっても楽しそうでした。お母さんとツーショット写真も撮りました。

    最後はプーさんのハニーハントに乗りました。
    楽しい1日はあっという間に過ぎていきます。

    駿汰くんは、現在病院で治療を頑張っています。今日という日が、駿汰くんとご家族にとって
    楽しい思い出となっていたら嬉しいです。
    これからも SmileSmilePROJECT は駿汰くんとご家族を応援し続けます。

     

    SmileSmilePROJECT 小林友恵

     

  • 2021.3.26 春の由布院でゆっくりしよう!

    2021.3.26 春の由布院でゆっくりしよう!

    この体験談を読む

    株式会社一休ご招待企画3回目は由布院にある「玉の湯」に1組のご家族を招待することになりました。

    ちょうど桜が満開で野の虫たちも目を覚ます頃、福岡からきてくれたEちゃんファミリーをお出迎えしてくれているようです。

    Eちゃんはプリンセスのようなドレスと、頭にはお気に入りのリボンを結んでお父さんとお母さんと手をつないで元気いっぱいに来てくれました。

    到着してすぐに目に入ったのは親子の木馬。「乗ってもいい?」と聞いて、お父さん、お母さんと何度も交代をしながら乗っていました。

    途中で木馬に「疲れてない?」「ごはん食べようね」と声をかけているEちゃんの様子を見た他の宿泊客の皆さんもにっこり。

     

    玉の湯には自然がそのままに残されていて、Eちゃんが大好きな石ころ、どんぐり、アマガエル、かたつむり、サワガニなどと遭遇し、あっという間の2日間となりました。

    たくさん集めたどんぐりは、、、木馬のえさにするそう。

    想像力が豊かなEちゃんです。

     

     

    「カタツムリ出ておいで」と声をかけるEちゃん。

    なかなか出てこないので、「まだ眠いのかな?」と葉っぱのお布団と小枝の枕を作ってあげました。

     

    退院して日常生活にもどりつつあるとはいえ、ご家族には様々な不安があると思います。

    Eちゃんの入院期間中のことを想像すると、お子さんだけではなく付き添いをするご家族にも様々なストレスがあったのではないかと思います。

    お子さんと一緒にたいへんな期間を乗り越えてこられたご家族にも、ほっと一息がつける一日を過ごしていただきたい。

    そんな想いから、株式会社一休ご招待企画では部屋での食事やお風呂が可能で、家族単位でゆっくり過ごしていただけることを大切にしています。

     

    ご家族から届いたメッセージ

    「大自然に囲まれた非日常の中、心身共にリラックスし家族水入らずのかけがえのないひとときとなりました。娘にとってもよい思い出になったと思います。本当にありがとうございました。」

    Eちゃん、またお出かけしようね。

     

    SmileSmilePROJECT 吉岡春菜

     

  • 2021.1.22 家族で楽しいエンタテイメントモールへ

    2021.1.22 家族で楽しいエンタテイメントモールへ

    この体験談を読む

    今年初のお出かけは、Aちゃん家族がよく行っていたイオンモールへ久しぶりに行きたいとのご依頼です。

    入院している病院へお迎えに行くと、可愛くお化粧をして準備をしている

    Aちゃんがいました。Aちゃんも家族もお出かけの準備ばっちりで、いざ出発です。

    最初に向かったのは大好きなおうどん屋さん。

    家族みんなで食べるおうどん、懐かしい味がしたかな?

    いっぱい食べることができて大満足です。

     

    お食事の後はガチャガチャがたくさんあるエリアへ。

    可愛いガチャガチャがたくさんあって、スタッフも大はしゃぎです。可愛い動物や食べ物をたくさんゲットしました。

    お姉ちゃんも狙ったキャラクターを引き当てて大喜びです!

     

    次はゲームセンターへ行きました。

    なんとAちゃんUFOキャッチャーでクロワッサンのペンをすぐにゲット!

    とっても上手でみんなのテンションも上がります。

    ゆっくり館内を回りながら、駄菓子屋さんやタピオカのお店にも行きました。

    タピオカを飲んで喉を潤したあとは、大きめのぬいぐるみがたくさんあるゲームセンターへ行きました。

    そこで、運命の出会いがありました。

    顎がしゃくれている豚さんとの出会いです。

    家族4人で豚さんゲットのために頑張ります。しかし、しゃくれているため、なかなかバランスが取れず大苦戦。

    ガラスケースの中で、豚さんがこっちを見つめています。まるで僕を連れて帰って。と言っている様でした。

    あきらめずに頑張った結果、最後はAちゃんのファインプレーにより見事ゲットです!

    みんなで大喜びの瞬間となりました!

    豚さんを抱っこして、大満足のAちゃん家族は夕食の買い出しのため、食材コーナーへ。

    大好きな焼き鳥も買いました。

     

    おいしくて楽しい時間は本当にあっという間でした。

    帰りの車も豚さんゲットの瞬間について語り合いました。

    出発から帰宅まで笑顔溢れる楽しいお出かけとなりました。

     

    お出かけの準備を整えてくれた主治医の先生はじめ病院のスタッフの皆さま、介護タクシーのユアサイドさん、

    そしてイオンモールさん、ご協力していただき誠に感謝申し上げます。

    SmileSmilePROJECTはこれからもAちゃんとご家族を応援し続けています。

     

    SmileSmilePROJECT 担当 小林友恵

     

     

     

  • 2021.1.7 大好きなミッキーに会いたい!

    2021.1.7 大好きなミッキーに会いたい!

    この体験談を読む

    2020年最後のお出かけは、やはり今年も人気NO1だったここ!東京ディズニーランドです。

    ご家族は、前日に東京ディズニーランドホテルにチェックイン!ホテルのお部屋に一歩入ると、そこは不思議の国アリスの世界です。

    今夜はこの可愛いお部屋にお泊りし、明日のディズニーランドに備えます。

    当日の朝、お部屋にお迎えに行くと、可愛いエルサがお出迎えしてくれました。大好きなお父さんと選んだというカッコいいセーターを着たAくんも嬉しそうです。

    穏やかな陽気でお出かけ日和でしたが、夜に向けて寒さ対策も万全にして出発です。

    入園すると、まずお決まりのミッキー花壇で写真撮影。今日はラブグラフからハルキナさんも参加してくれ、家族の笑顔を写真に納めてくれます。

    ハルキナさん自身も女の子のママということですが、お子さん達をあっという間に笑顔にするのはさすがです。仲良しきょうだいの姿に、たくさんシャッターをきってくれました。

     

    きょうだいのお目当てのアトラクションは、プーさんのハニーハントとバズ・ライトイヤーのアストロブラスターとのこと。相談の結果、まずは、プーさんを目指すことにします。ソーシャルディスタンスを保つため、長くなった行列に並んで、プーさんとはちみつ探しに出かけました。少し怖くてお姉ちゃんは泣いてしまったそうですが、気を取り直してバズのアトラクションに向かいます。バズのアトラクション、お子さん達には大人気です。終わって出てきた時、たくさん点数とれたよ!と笑顔で教えてくれました。

    ここからしばし、ご家族と別行動。食事や買い物、ご家族だけの時間を楽しみます。私達もクリスマス直前の陽気なパークの雰囲気を楽しみながら、ランチタイムを過ごしました。ご家族の旅行やイベントに付き添いさせていただくメンバーは、その都度募集をさせていただくので毎回違います。その時、縁があった方たちとその日限りのチームを作るのですが、これが私はとても楽しみです。コロナ禍で、人と気軽に直接会うことが難しくなった今、こんな何気ないお喋りも貴重だなと実感しています。

    そんな、お茶時間をすごしていたら、お母さんから「今はジャングルクルーズに並んでいます」と連絡が。私達も早速そちらに向かい合流することにしました。船に揺られて気持ちよくなったようで、お父さんに抱っこされ出てきたAくんお昼寝していました。Aくんの大好きなミッキーに会えるパレードまで、休憩してパワーチャージだね。その間、お母さんとお姉ちゃんは冒険の旅にお出かけです。

    陽が落ちて暗くなると、お父さんが光のパレードに備えてキラキラのランタンを買ってきてくれました。違う種類のランタン、どちらも素敵でしたがきょうだいで好きなのが同じ!?ちょっともめていましたが、好みも同じなんてやっぱり仲良しきょうだいですね。

    あたりがすっかり暗くなるといよいよ光のパレードが始まりました。楽しみしていたパレードをみて、大好きなミッキーにたくさん手を振っていたAくん。「ミッキーどこにいたかわからなかったよ~」と言っていましたが、大丈夫!ミッキーもA君に負けないぐらい手を振り返していたよ。本物のミッキーに会えて良かったね。

     

    その後は、家族でショッピングを楽しみ、夜までパークを満喫していました。

    お母さんは「Aくんが頑張ったからミッキーに会えたんだよ!偉かったね!また頑張って一緒に来ようね」とAくんにお話をしていました。

    今度はディズニーシーがいいかな? Aくんまた一緒に遊ぼうね。

     

    活動にご賛同いただき、ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございました。

    SmileSmilePROJECT担当 伊藤和子

  • 2021.1.4 大好きなドキンちゃんとアンパンマンに会いに行ったよ 

    2021.1.4 大好きなドキンちゃんとアンパンマンに会いに行ったよ 

    この体験談を読む

    12月の寒さが少し和らいだ神戸に、ご家族4人で新幹線を使ってやってきてくださいました。普段からどんなときも隣にいてくれるドキンちゃんのお人形も一緒です。 

     

    まずはホテルに向かい、お部屋でゆっくりと過ごしていただきました。

    今回は「ホテルで家族4人でゆっくり過ごす」ということも大切にしたいということで、

    神戸港の見える素敵なホテルで靴を脱ぎリラックスして過ごしていただくことができました。

     

    とっても大きなクリスマスツリーの前で。

     

    翌日は待ちに待った神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールへ!

    ホテルからモザイク通りをお散歩していると、カモメや大きな旅客船が「おはよう!」と声をかけてくれているようです。

    ミュージアムに到着すると、、、

    アンパンマンとドキンちゃんがお出迎えをしてくれました!

     

    新しいエリアで一緒に遊んだり、ジャムおじさんのパン工場で一緒にパン作りをしたり、お寿司屋さんでは大好きなドキンちゃんと一緒にお寿司屋さんごっこを楽しみました。

     

     

    アンパンマンやドキンちゃんはきっとどんなときもこどもたちの心の中にいてくれて、楽しい気持ちや笑顔を届けてくれていたのだろうと思います。そんな彼らに直接会って一緒に遊ぶことができ、ご家族も同行させてもらった私たちも勇気をもらいました。

    また一緒に行きたいところに行こうね!

    今回の旅行のために親身に対応くださった神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールの皆さま、ボランティアの皆さま、そして普段からご支援をいただいている皆さま、いつも応援をいただきありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

     

    SmileSmilePROJECT 吉岡春菜

  • 2020.12.20 お部屋で水族館

    2020.12.20 お部屋で水族館

    この体験談を読む

    12月初旬、水族館が好きなお子様に水族館で楽しむ気持ちを体感してもらいたくて、

    A君の入院している病院へ行ってきました。

    水族館でお魚が見たい!とのご依頼で一緒にお出かけの予定でしたが、

    最近の寒さとコロナの感染拡大状況を考え、主治医の先生とも相談し、今回はお部屋に水族館をお届けです。

     

    2歳のお誕生日も兼ねて、お部屋の飾りつけをして、大きなスクリーンで水族館の様子やイルカの映像を流しました。

    事前の打ち合わせから主治医の先生や看護師さんと連絡を取り合い、当日の段取りを決めていきました。

    当日もスクリーンの設置などみんなで準備をしました。

    また、イルカの映像は病院がプラネタリウムを実施している「星つむぎの村」の皆さんがプレゼントしてくださいました。

     

    A君はベッドにいる間、眠っていることが多いと聞いていたので楽しんでもらえるか少し心配でしたが、

    スクリーンにイルカの映像を流すと、目を開けてしっかりとイルカを見つめていました。

     

     

     

    海の世界を少しでも体感することができたのだと感じました。お母さんとお父さんも映像を見つめるA君を見て、とても嬉しそうです。

    お兄ちゃんも楽しそうに映像を見ていました。

    家族みんなで水族館に行ったような、そんな気持ちになりました。

     

    長い期間、治療と向き合って頑張っているA君とご家族にとって、素敵な時間になっていたら嬉しいです。

    今回、この企画を実施するにあたりご協力してくださった主治医の先生をはじめとする病院のスタッフの皆様、

    映像を提供して下さった星つむぎの村の高橋様に感謝申し上げます。

    SmileSmilePROJECTはこれからもA君とご家族を応援し続けます。

     

    SmileSmilePROJECT 担当 小林友恵

     

     

     

  • 2020.12 9 初めてのお仕事体験

    2020.12 9 初めてのお仕事体験

    この体験談を読む

    肌寒くなってきた11月末。2組のお子様とご家族とキッザニア東京でのご招待企画を実施しました。

    ボランティアとして、今回協賛をしてくれた株式会社クォンタムジャンプから2名、SSPサポーター2名が参加してくれました。

    今回のご招待企画は休日だったため、館内は少し混雑している様子でした。

    参加してくれたお子様たちがやりたいアクティビティができるか少し心配でしたが、ボランティアの皆様が色々調べて下さり、

    希望のアクティビティを体験することができました。

    まずは、ABCクッキングでおはぎ作り。可愛いコックさんのお洋服を着て、一生懸命作っていました。

    とっても上手に作れていました。

    おはぎをつくったあとはお兄ちゃんと一緒にピザ作りへ。

    2人ともとっても楽しそうにぴざを作っていました。

    ピザ作りを見ていたお母さんとお父さんに笑顔でポーズです。

    2人ともスタッフさんのお話しをよく聞いていて、スムーズにピザを作ることができていました。

    自分で作ったピザはすぐに食べたくなっちゃいますね!

    さっそく家族みんなでお食事です。2人ともすごい勢いでピザを堪能していました。

    家族みんなでのお食事、とっても楽しそうでした。

     

    おなかがいっぱいになった後は、歯科助手をやったり、街中をダンスしながら歩くお掃除パレードにも参加しました。

    どのアクティビティも一生懸命頑張る姿がとても印象的でした。

    とにかく可愛くて写真をたくさん撮ってしまいました。

     

    1日楽しく元気に過ごすことができて本当によかったです。

    ご協力して下さった皆様に感謝申し上げます。

    これからもSmileSmilePROJECTは小児がんと闘う子どもたちとご家族を応援します。

     

    SmileSmilePROJECT 担当 小林友恵

     

  • 2020.12.5 クリスマス気分のディズニーリゾートへ

    2020.12.5 クリスマス気分のディズニーリゾートへ

    この体験談を読む

    12月に入り、街はクリスマスの飾りやイルミネーションがあちらこちらで見られるようになりました。

    今回はクリスマスカラーに彩られた、東京ディズニーランドにお出かけしたご家族の様子をレポートします。

     

    この日は、少し風が冷たいものの雲ひとつない晴天!絶好の行楽日和です。

    入園すると、すぐクリスマスの装いになったミッキー花壇がお出迎えしてくれました。

    この時期にしては暖かく、ご家族はパークの中をのんびりと散策です。

    新エリアでベルのお城を眺めたり、チュロスを食べた後は、ディズニーランドバンドが奏でるクリスマスバージョンの楽曲が流れる中、目当てのアトラクションを目指します。

    まずは、プーさんのハニーハントです。途中、陽気な小人たちに出会ったり、ピノキオに手を振ったりとディズニーワールドを楽しみます。

    アトラクションの列に並んでいると、ちょうどミッキのーミニパレードも通り、クリスマスコスチュームの可愛さに気分も上がります。

    でも、プーさんの乗り物は、暗さもありちょっと怖かったようです…。

    気を取り直し、キャラクターと記念写真を撮ったり、たくさんのアトラクションに迷いながらも、きょうだいそれぞれが行きたい場所をお母さんに伝え、蒸気機関車で鉄道の旅や船での世界一周をしました。

    今日は優しいおじいちゃんとおばあちゃんも一緒なので、きっと楽しさも倍増ですね!

     

    アトラクションの合間には、ショッピングを楽しんだり、ポップコーンを買うのも忘れません。きょうだい仲良くお買い物。お土産を選ぶその目は真剣そのものです。

    午後になると、風が強くなり寒くなってきましたが、頑張って歩きトゥモローランドでお子さん達に人気のバズライトイヤーやモンスターズインクのアトラクションも楽しみました。

    抽選にあたって楽しみにしていたベイマックスの新アトラクションは、ノリノリの音楽が流れていましたが、ちょっと怖そうで乗るかどうか迷います。

    でも、勇気を出して親子三人ぎゅっとくっついて乗ったら、ちっとも怖くなかったようで「楽しかった」と笑顔をみせてくれました。

    夜はファンタジックな光のパレードをみんなで眺め、1日デイズニーランドを満喫してパークを後にしました。

     

    1日遊んで疲れたけれど、今日はディズニーセレブレーションホテルにお泊り。

    ロビーには可愛いキラキラの大きなクリスマスツリー、ドレスに着替えて雪のプリンセスに変身したそうです。

    夢の中で雪だるま作ったかな?

     

    また、行きたい場所が見つかったら一緒にお出かけしようね

    活動にご賛同いただき、ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございました。

     

    SmileSmilePROJECT担当 伊藤和子

     

  • 2020.11.19 子どもが主役の街へ行こう

    2020.11.19 子どもが主役の街へ行こう

    この体験談を読む

    秋晴れが続く11月。今年もキッザニア東京で、7組のお子様とご家族、

    総勢18名をご招待し、企画を実施しました。

    入場前の体調チェック、館内ではアルコールの配置、アクティビティごとにスタッフにより、消毒・清掃、人数の制限

    など様々な感染対策や配慮により、開催することができました。

    ボランティアとして、今回協賛をしてくれた株式会社クォンタムジャンプから社員7名、SSPサポーターの看護師2名、

    カメラマン1名が参加をしてくれました。

    イベント当日、お子様たちはみんな元気に来てくれました。

    ボランティアさんが作ってくれたウェルカムボードを見てとても嬉しそうです。

    みんなそれぞれ体験したいアクティビティをボランティアさんと相談していよいよスタートです。

    今年もソフトクリームや、ピザは大人気です。

    お仕事する前にまずは食べる!最初にソフトクリームに行って体力をつけます。とっても上手に巻けています。

     

    こちらはきょうだい一緒にお仕事です。仲良くお仕事する姿がとってもほほえましく愛らしいです。

    しゅうやくん、お兄ちゃんらしくしっかり妹をサポートできていました!

     

    くれあちゃんも妹と一緒にお仕事体験。常に妹のことを気に掛けている姿は立派なお姉ちゃんです。

     

    前回参加してくれたお子様は、去年出来なかったクライミングに挑戦!!

    高所恐怖症であることを全く感じさせない堂々とした登りっぷりにお母さんもとても驚いていました。

     

    今回は9個もお仕事体験ができた!と嬉しそうに話してくれたまなちゃん。

    病院で一緒に治療をしていたお友達と再会もできて、とっても楽しそうでした。

     

    ボランティアとして参加してくれた株式会社クォンタムジャンプの皆様も、家族の一員のようにご家族に寄り添い、

    1日サポートをしてくださいました。

    参加してくれたお子様のご家族様からの声を紹介します。

    「今回、参加することが出来てとてもよかったです。たくさんの大人に愛され守られていると感じていられることは子供たちにとってとても大切なことだと感じます。病気になったことは不安なことでしたが、こうした人との繋がりを感じられていることは娘にとっては幸せなことと思います。」

    「キッザニアのことに詳しくなかったので、先回りして色々サポートして頂き助かりました。娘たちの様子をずっと写真におさめてくださっていたのも嬉しかったです。また、ボランティアの方とは色々お話もできて親もリフレッシュになりました。」

    「1年ぶりにまたスタッフの皆さんとお会いできたこと、去年は治療中であまり体力もなく、少ししか参加出来なかったけど、今年は閉館ギリギリまで沢山のお仕事をこなし、合間にはスキップで館内を何周も走り回り、親の私の方がヘトヘトになって、少し休憩しようよーと促すくらい、一年越しの夢のキッザニア時間を満喫しました。また、去年他の子ども達がやっているのを見て、どうしてもやりたかったクライミングに、高所恐怖症ながら挑戦し、やり遂げて満足そうな笑顔を見れて嬉しかったです」

    私たちスタッフやボランティアさんも子どもたちの一生懸命お仕事している姿を見ることができ、

    かけがえのない時間を一緒に過ごすことができた喜びを感じています。

    現在、新型コロナウィルス感染症の影響で、なかなか安心してお出かけや旅行に行けない現状ではありますが、

    医療者が感染対策に取り組むことで安全にお出かけができるように取り組んでいきます。

    ご招待企画をお手伝いしたいと言ってくださったキッザニア東京の皆様、協賛してくださった株式会社クォンタムジャンプの皆様、そしてSSPサポーターの皆様に心より感謝申し上げます。

    ご家族が安心して楽しい時間を過ごせたことも、子どもたちのキラキラした笑顔を見ることができたのも、

    ご協力してくださる皆様がいるからだと改めて強く感じました。

    これからもSmileSmilePROJECTは小児がんと闘うお子様とご家族の素敵な時間を安全に楽しくサポートできるよう、

    活動を続けていきたいと思います。

    SmileSmilePROJECT 担当 小林友恵