Voicesイベントにご参加いただいたご家族の声、ボランティア活動を体験した方たちの声

  • 2021年6月 わくわく大冒険!キッザニア甲子園【ご家族様からの声】

    2021年6月 わくわく大冒険!キッザニア甲子園【ご家族様からの声】

    この体験談を読む

    夏本番を迎えていますが、みなさま体調はいかがでしょうか

    本日は、先日行われたキッザニア甲子園に参加したご家族様からよせられたレポートをお届けさせていただきます。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

    息子は、小学校の入学式を迎えて間もない2017年5月に急性リンパ性白血病を発症しました。1年を超える化学療法、その後1年を超える維持療法終了後、たったの3か月で再発。当時6年生だった長男からの骨髄移植。「これで助かる!」と思ったのも束の間、再再発。「治療終わったら、思いっきり楽しいことしよう!我慢ばかりしたから、やりたいことは、片っ端からやろう!」と約束をしました。でも、その夢は、かないませんでした。

    心から信頼できる主治医に、最終手段である免疫療法をすすめられ、藁をもすがる思いで挑みました。無事成功し、2021年4月やっと本退院でき、大切な命は長らえましたが、長年の治療で、重い呼吸器障害が残りました。

    退院後も、コロナ感染への恐れ、体力消耗、移動困難、息子に何かあったらどうしようという不安から、外に連れ出すことができませんでした。

    そこで知ったのが、ジャパンハートのスマイルスマイルプロジェクトでした。息子のような病状でも、医療者の方が付き添ってイベントに参加できるという、目からうろこの企画!

    当初、あれだけ『息子が楽しめることを!』と考えていたのに、躊躇する自分がいました。「今も病気と闘っている子どもたちや家族がいる、自分たちだけこんな楽しい企画に参加してもいいのだろうか」と。しかし、それは、ただの母親としての感情でした。何もかも自由を奪われ、ただひたすら治療と向き合い、本当にしんどくて辛い思いをしてきたのは、息子です。「たくさんご褒美あげたっていいじゃない!」と考え、申し込むことを決意しました。

    事前に、スタッフの方が遠く離れた自宅近くまで足を運んでくださいました。そして、とても丁寧に打ち合わせをしてくださり、心配なこともすべて聞いて対応していただきました。また、当日までの間、LINEで連絡をとってくださいました。おかげで「これなら安心」と、当日についての不安は一切なくなりました。

    イベント当日は、息子の緊張が凄まじく、ボランティアさんや看護師さんが優しい笑顔での対応にも関わらず、にこりともしませんでした。しかしスタッフの方々の粘り強い関わりで、次第にほぐれてきました。ボランティアで参加されていた看護師さんは、常に息子に寄り添い、体温や酸素濃度を測り、イベントの最中もずっとそばについてくださいました。「何かあっても大丈夫!」と心から安心して過ごすことができました。大阪西ロータリークラブから参加されたボランティアさんは、息子が好きな漫画をあらかじめ読んできて話をしたり、車いすを押し続けたり、「次のイベントの予約みてきます!」と機転をきかせてくださいました。息子が少しでも楽しい時間を過ごせるようにという思いが、ひしひしと伝わってきて、胸が熱くなりました。いろいろなブースを回りましたが、車の運転免許を取得できた時は、一番嬉しそうで、興奮して、皆さんに思わず自分から話し出すほどでした。皆さんのおかげで、息子はとても貴重な体験ができました。

    また、ボランティア看護師さんの海外での話や、これからの夢の話、ロータリークラブから参加されたボランティアさんは、自身の会社の話や奉仕活動への熱い思いなど、さりげなく母親の私に語りかけてくださいました。入院生活が長く、外出もできず、コロナ禍で人とも会えない時間が流れていましたが、そんな生活から抜け出せたかのように、私はたくさんおしゃべりを楽しむこともできました。

    「あ~、私はずっと、こんな風に人としゃべったり笑ったりする楽しさを忘れていたな」と気づきました。自分の心も開放され、息子の楽しそうな表情を見つめることができ、本当に本当に充実した時間でした。

    当日、カメラマンさんが走り回って撮影した素敵な写真を送られてきました。それを見ては、今も楽しかった当日のことを思い出します。

    病院では何度も覚悟を決めた瞬間がありました。何度も何度も壁を乗り越えた息子のおかげで、今回のような善意ある方々と出会えました。息子にがんばって生きてくれてありがとうという気持ちと、スマイルスマイルプロジェクトの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。

    我が子の闘病生活は『辛い』の一言につきますが、『命には限りがある』ということを改めて考えさせられました。息子と一緒に一期一会を大切にし、一瞬一瞬を精一杯生きていきたいと思います。

    またこのような企画があれば、がんばったご褒美として、ぜひ参加させていただきたいです。そして、辛い治療から逃げずに、がんばって立ち向かっている子供たちやご家族がたくさん参加し、幸せな経験ができることを心から願っています。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

     

  • 2021年7月 レゴの世界へレッツゴー!

    2021年7月 レゴの世界へレッツゴー!

    この体験談を読む

    猛暑日が続く7月中旬、Aちゃんファミリーと2泊3日で名古屋のレゴランドジャパンへ行ってきました。

    昨年から治療を頑張っているAちゃん、お姉ちゃんとご両親の4人の家族旅行へ付き添いをさせていただきました。

    今回は点滴をしながらのご旅行でした。

    ご家族も点滴をしながらの遠出に不安があったと思いますが、

    事前に主治医の先生、訪問看護師さんと打ち合わせ、情報共有をしてのお出かけとなりました。

    1日目は新幹線に乗って、名古屋へ移動しました。

    とってもいいお天気で、久しぶりの遠出の家族旅行に自然とテンションがあがります。

    レゴランドジャパンホテルは見た目もロビーもとても可愛くて大人もテンションが上がります!

    ホテルのお部屋には宝探しがあって、お姉ちゃんが一生懸命クイズを解いて、宝箱を開けて宝物をゲットしていました。

    中には可愛いレゴの宝がたくさん入っていました。

    ホテルのお部屋を満喫した後は、レストランで夕食のお時間です。

    レストランも可愛い装飾がたくさんあって、その空間にいるだけで楽しい気持ちになるような場所でした。

    そして次の日はいよいよレゴランドへ!

    朝はレストランで朝食を食べて、お昼頃からレゴランドへ入園しました。

    SSPサポーターの方にも来ていただきました。

    みんな初めてのレゴランドに気分が上がります。

    入園後、まずはみんなで可愛い飲み物があるレストランへ。とっても暑かったので冷たい飲み物で喉を潤します。

    その後はAちゃんとお姉ちゃんが好きなメリーゴーランドに乗りました。

    家族みんなで乗るメリーゴーランドに、4人ともとても楽しそうでした。

    そのあとはお土産を見たりしながらパーク内で過ごしました。ホテルのお部屋が可愛かったこともあり、Aちゃんはホテルのお部屋も

    たくさん満喫しました。

    お部屋でもたくさんお写真を撮りました。

    レゴランドでたくさん遊んだので夜はみんなぐっすり眠れたそうです。

    次の日の朝もホテルで美味しい朝ごはんを食べて、新幹線で帰宅しました。

    とっても楽しかった3日間はあっという間に過ぎていきました。

    点滴をしながらの旅行に最初は不安があったと言っていたご両親も、帰ってきてから最後まで楽しく過ごすことができて本当に

    よかったですとおっしゃっていました。

    これからもAちゃんファミリーをSmileSmileRPOJECTは応援しています!

     

    SmileSmilePROJECT 担当 山田友恵

     

     

  • 2021年7月 七夕の願い ~家族旅行で夏ディズニー~

    2021年7月 七夕の願い ~家族旅行で夏ディズニー~

    この体験談を読む

     

    関東地方も梅雨明けを迎えた7月中旬、Aちゃんご家族4人と一緒に2泊3日、夏のディズニーリゾートへ行って来ました。

    今回、Aちゃんは入院先の病院で七夕の短冊に「ディズニーランド、ディズニーシーへ行きたいです」と願いを書いていました。その願いをご両親、お兄ちゃん、そして病院のスタッフの方々が繋いで下さり、今回ご旅行の実現に至りました。

     

    Aちゃんだって、お兄ちゃんだって、ご両親だって、みんなが主人公の旅行です!

    みんなディズニーグッズで全身ばっちりキメています。

     

    ディズニーシーでは大好きなシェリーメイちゃんと一緒に写真撮影!

    新しいお友達もたくさんお迎えして、みんなで一緒にパークを巡りました。

    ディズニーランドでは、希望していたアトラクションやショーを楽しむ事ができました!

     

    「すごいねー!」「本当に奇跡みたいだね!」

    暑さに負けず、アトラクションから全力で手を振ってくれる子どもたちとご両親の眩しい笑顔にたくさん出会う事ができました。

     

    SSPサポーターの力をたくさん借りて、Aちゃん、お兄ちゃんそれぞれが希望する場所に行くことができました。またラブグラファーさんのゆっちゃんにも来ていただき、ホテルやパーク内でたくさん写真を撮って頂きました。

     

    ディズニー旅行のラストは家族でパレードを鑑賞!大好きなプリンセスのフロートが到着した時、車いすから立ち上がり、目いっぱい手を振るAちゃんの姿を見たときに、ディズニー旅行に一緒に来る事ができて本当に良かったなぁと心から思いました。

    私にもディズニーの魔法がかかった瞬間でした。

     

     

    「この三日間は家族みんなが笑って過ごす事ばかりでした。本当に夢の様な時間でした。家族だけではとても来られませんでした。素敵な魔法をありがとうございます」

     

    「これから一日一日を大切に、家族一緒に楽しく過ごします」

     

    ご旅行後のご家族のお気持ちを、病院の方々も私たちに教えて下さいました。

    今回のディズニー旅行が、家族でお出かけする事への自信に繋がっていたり原動力のきっかけとなれていたら、その最初の一歩をお手伝いできていたら何よりです。

    私たちは、これからもAちゃんご家族を陰ながら応援しています!

     

    SmileSmilePROJECT担当 印東真奈美

  • キッザニア甲子園ご招待イベント2021を開催しました!

    キッザニア甲子園ご招待イベント2021を開催しました!

    この体験談を読む

    2021年6月28日にキッザニア甲子園ご招待イベントを開催しました。
    雨が心配されるお天気でしたが、天も味方についてくださり気持ちよくご家族をお迎えすることができました。
    ボランティアの皆さんと顔合わせをした後、記念撮影を撮り、ジョブカードを握りしめて一番にやりたいお仕事の予約に向かうお子さんたちの表情はとても晴れやかで、見ている私たちまでウキウキしました。
    今回は6組のご家族をお迎えし、キッザニア甲子園、大阪西ロータリークラブ、出張撮影・出張カメラマンのラブグラフ、そしてサポーターの皆さんにご協力をいただきました。

     

    参加予定のお子さんとご家族とは事前面談を実施しています。面談ではご病状や心配なことを教えていただくだけではなく、少しでも安心して参加していただけるように好きなキャラクターや好きな遊び、キッザニアであればやりたいお仕事を教えてもらうようにしています。
    写真のお子さんは面談の際に、「めがねを作りたい!」という希望をご兄弟で声をそろえて教えてくれました。赤いめがねカッコいい!! 実際に作ってみて、どうだったかな?

    今回、ラブグラフから参加してくれたラブグラファーのひなこさん。
    子どもたちがお仕事中に見せる一瞬一瞬の表情を逃さずに、ずっと館内を走り回ってシャッターを切ってくださっていました。ご家族からも喜びの声が続々と届き、写真の貴重さを改めて感じています。

     

    お母さんと一緒に参加してくれた男の子。
    治療やコロナウイルス感染症の都合で、今回が約3年ぶりの遠出となりました。
    たくさんのお仕事を体験した後、甲子園のホテルでお泊まり。
    ホテルのお部屋に入り、もうボランティアのお兄さんと会えないとわかったとき、少し涙がこぼれたそうです。
    翌朝、半日一緒に過ごしたボランティアのお兄さんにお手紙を用意してくれていました。
    きっとボランティアのお兄さんも喜んでくれると思います。

    感染症対策を万全にしてご家族を迎えてくださったキッザニア甲子園の皆さま、
    協賛いただいた上に、事前準備からお手伝いをしていただいた大阪西ロータリークラブの皆さま、汗をかきながら子どもたちの写真を撮り続けてくれたラブグラファーのひなこさん、
    SmileSmilePROJECTサポーターの皆さま、
    本当にありがとうございました!

     

    SmileSmilePROJECT 吉岡春菜

     

  • 2021年6月 ~花盛りのヨーロッパの街へ~ご招待イベント

    2021年6月 ~花盛りのヨーロッパの街へ~ご招待イベント

    この体験談を読む

    都内は先週ようやく梅雨入りとなりましたが、九州はすでに梅雨真っただ中であった6月上旬、新日本製薬株式会社様の協賛で九州地区のお子様対象にご招待企画を実施いたしました。 

    7組27名のご家族と一緒に、花盛りのヨーロッパの街並みが素敵なハウステンボスへ行って来ました。同じ病院で一緒に過ごしていたお友達と一緒に参加されたご家族もいらっしゃいました。 

    今回はバリュエンスホールディングス株式会社様3名、SSPサポーター2名にご参加いただきました。 

     

     

     

    当日はてるてる坊主の力なのか、スタッフの晴れ女パワーが発揮されたのか、願いが届き熱中症が心配になる程の暑さ、雲一つない晴天となりました。 

    集合されたご家族から聞かれた最初の言葉は「お天気で良かったです!でも!暑い!!!笑」でした。

    私たちスタッフも感染症対策にプラスして熱中症への対策も行っていきました。 

     

    様々な制限が続く中で久しぶりのお出かけとなったご家族も多く、集合写真の後すぐに皆様オシャレで素敵な街並み散策へ出発されました。 

     

    ご家族でサイクリング♪ 

    風を切って気持ちよさそうです。とっても楽しそうですね。最高の笑顔が見られました。 

     

    ママと一緒に大好きなミッフィーちゃんの絵付け体験をしました。

    真剣な眼差し! とっても上手にできました。 

     

    今回もたくさんの子どもたちとご家族のとびっきりの笑顔に出会うことができました。参加されたご家族からは、「何かあればスタッフのみなさんがすぐに対応して下さったので、安心して過ごす事ができました」「同じように治療を頑張っているお友達との時間は娘にとっても親にとっても、貴重な時間となりました。娘が娘らしくまっすぐに成長していけるように、また前向きに頑張ろう、そう思えた2日間でした」と、とても嬉しいお言葉をいただきました。 

     

     

    お出かけやイベント含め様々な制限が続いている状況ではありますが、私たちは引き続き感染症対策の徹底に努め、ご家族が笑顔で過ごせる時間の実現にこれからも取り組んでまいります。

     

    SmileSmilePROJECT担当 印東真奈美

  • 2021年 5月 一休宿泊企画~箱根で過ごす家族の時間~

    2021年 5月 一休宿泊企画~箱根で過ごす家族の時間~

    この体験談を読む

    気温が高くなり始めてきた5月下旬。一休宿泊企画を実施しました。

    1組のご家族様を箱根 翠松園へご招待しました。

    治療後の合併症などにより、家族でゆっくり過ごす時間がなく、久しぶりに家族でゆっくりとした時間を過ごしたいと応募してきてくれました。

     

    今回宿泊した旅館は、落ち着いた雰囲気の風情のある旅館。お庭がとっても広くて、自然があふれていました。

     

    以前、ディズニーシーご招待企画に参加してくれた和奏ちゃん。すっかりお姉さんになっていました。

    旅館に到着して、まずはお部屋の中を散策。

    広いお部屋に大きなテレビとソファがあり、お部屋を見渡しただけで楽しい気持ちが高まります。

     

    お風呂場の奥には、大きな露天風呂があり、ご家族皆様とっても喜んでくださいました。

    素敵なお部屋で一休みしてから、中庭をみんなでお散歩です。広いお庭を家族3人でのんびり過ごす時間。

    和奏ちゃんの笑顔にみんな自然と笑みがこぼれます。

     

     

    たくさんお散歩した後は、待ちに待った夕食の時間です。和奏ちゃんの大好きなお肉料理です。

    目の前で調理してもらい、とってもおいしかったとご家族が話してくれました。

    夜も露天風呂に入ったり、お部屋でゆっくり休めたとお母さんが話してくれました。

    ご家族の楽しそうな姿を見て、私たちスタッフもとても嬉しい気持ちになりました。

     

    旅行後、ご家族からの声を紹介します。

    「娘の笑顔があふれる2日間でとにかくとにかく幸せな時間を頂きました。一生の思い出です。家族だけでは体験させられない経験をさせて頂きました。一生で一回のお宿でした。とにかく贅沢で一秒一秒が奇跡のような時間でした。スタッフの方達にも笑顔で優しく接していただいて、盛り上げていただきました。感謝ばかりです。家族でこんなにもゆったり穏やかで贅沢な時間は初めてです。ありがとうございました。」

     

    今回、ご支援くださいました株式会社一休様、私たちスタッフと一緒に様々な準備をしてくださった箱根 翠松園の皆様に心より感謝申し上げます。

    本当にありがとうございました。

     

    SmileSmilePROJECT担当 小林友恵

     

  • 2021年5月 花いっぱいのハウステンボスへ

    2021年5月 花いっぱいのハウステンボスへ

    この体験談を読む

    新緑がまぶしい季節に、長崎ハウステンボスに行ってきました。

     

    宮崎から長崎までのプチ旅行にお迎えしたのは脳腫瘍と闘うYちゃんご家族。1年半の入院治療を、ご家族みんなで頑張ってきました。

    今回は、そんなご家族を支えた病院の主治医の先生からSmileSmilePROJECTのことを教えてもらったと、お母さんが申込みをしてくれました。

     

    コロナ感染症がなければ、長崎市内で美味しい長崎ちゃんぽんを食べたいなと観光も考えていましたが、

    感染状況をみて安全を考え今回はハウステンボス内の素敵なホテルに泊まり、家族でゆっくりハウステンボスを楽しむ!という旅行になりました。

     

    旅行当日は、爽やかな晴天!

    SSPサポーターさんが作成してくれたしおりを大事そうに持ってきてくれたお兄ちゃんと、おなかがすいてちょっとご機嫌ななめなYちゃん、可愛いきょうだいにご挨拶をして早速ハウステンボスに入園です。

    感染対策したチューリーちゃんがお出迎え

     

    日本一広い(東京ディズニーランドの約2倍だそう!)九州が誇るテーマパークには四季折々の花があふれていました。

    のんびり歩くだけで楽しいハウステンボス。風車や馬車をみていると、なんだか日本にいることを忘れてしまいます。

    おっきな恐竜を横目に見ながらアトラクションランドに進み、フワフワランドで遊んだ後はショッピング。その間に、お昼ご飯のリサーチも忘れません。

    せっかく、長崎に来たんだから長崎ちゃんぽんを食べないとね。お兄ちゃんはパリパリうどんを食べることを楽しみにしていたそうです。

    おなかが満たされたら、お父さんの希望でワンピースのサニー号を見にハーバータウンまで移動します。

     

    あれ?サニー号いない??

    なんと、定期点検中で港を留守にしていました。お父さん、これを楽しみに長距離運転頑張ってきたそうなのに、、。残念!

     

    背中寂しい・・・

    お馬さん怖くないよ~

     

    気を取り直してフォトブースで、家族写真を撮ったりお土産を選んだりした後は今日の宿泊先、ホテルヨーロッパにチェックイン。

    ホテルで休憩し、夕食がてら夜の街にも出てみました。

    夜は昼間と変わり、大人っぽい雰囲気です。光の王国というだけあり、どこもキラキラ。

    イルミネーションのいっぱいの街並みを散歩し、光のショーも楽しみました。

     

    次の日はカナルクルーザーに乗ってホテルを出発し、再びアトラクションゾーンへ。

    お兄ちゃんが楽しみにしていた恐竜の森で、恐竜のDNAを見つけるミッションに家族(に私も混ぜてもらい)挑みます。親子の抜群のチームワークで、成功率1%という最終ポイントまで行きましたが、最後はクリアならず、、。惜しかった~

    その間、よっしー(春菜医師)とフラワーガーデンを散策していたYちゃんですが、お父さん、お母さんの姿が見えなくなったのでとちょっとそわそわぐずぐずしていたそうです。

    小さくたって、ちゃんと色々わかってるんだよね!

    すやすやお昼寝タイム

     

    その後も、光のファンタジアやチョコレートやチーズなど目移りしながら美味しい楽しい散策をしました。しおりに書いてくれた、食べたい物のひとつご当地グルメの佐世保バーガーもちゃんと食べました。青空の下で家族で囲むランチはとても美味しかったね。

    スイーツ女子のYちゃんも家族一緒に美味しいもの食べて満足してくれたかな。

     

    ご両親はYちゃんの病気がわかった時、生きることが難しいと言われたそうです。元気になってこうやって旅行にくるまでになって、治療を頑張ってきて良かったとお母さんが教えてくれました。小児がんの治療は長く辛いことが多く、それは病気のお子さんはもちろん、治療に向き合う家族全員が同じで、それぞれが不安だったり寂しい時間をすごしています。Yちゃんご家族も、たくさん悩んだりしながらも前を見て、治療に向き合ってこられたのだと思います。

    だから、こうやって頑張ったご褒美としての楽しい時間を共有させてもらえること、お子さんとご家族の笑顔を見れることは私達医療者にとっても、嬉しいことなのです。

    ご家族の大切な時間をサポートさせていただきありがとうございました。

    次は長崎観光かな? 今度は一緒にサニー号乗りましょう!

     

    SmileSmilePROJECT担当 伊藤和子

     

  • 2021年4月 小さなプリンセスと夢の世界へ

    2021年4月 小さなプリンセスと夢の世界へ

    この体験談を読む

    4下旬、4月とは思えない夏のような日差しの中、Aちゃんファミリー2泊3日のディズニー旅行行きました 

    昨年9月も一緒に私たちSmileSmilePROJECTのメンバーとお出かけをしていたため、 

    Aちゃんも妹も緊張した様子はなく、すぐに打ち解けてくれました 

     

    2週間前の面談からお出かけの日をとっても楽しみにしていたとお母さんから聞いていて、 

    私たちスタッフとボランティアさんもお出かけの日を迎えることができて、嬉しい気持ちで 

    いっぱいでした。 

    パークは人数制限がかかっているとは思いつつも、混雑具合など不安はありました。 

    なので事前にしっかりと乗り物の状況や、天候、Aちゃんの希望に沿ってスケジュールをたてました。 

    当日はお天気も良くてディズニー日和でした 

    前泊でミラコスタの景色がよく見えるホテルにお泊まりして、まずはディズニーシーへ向かいました。 

    大好きなトイストーリーのアトラクションの予約を取って、パーク内をお散歩です。 

    パーク内はとても空いていて、あまり人混みが無い状況に一安心。 

    できるだけ他の人と近い距離にならないように気をつけながら遊びました。 

    トイストーリーマニアの時間になるとみんなのテンションも上がっていきます。 

    ボランティアさんとラブグラファーさんとみんなでいざトイストーリーマニアへ 

    Aちゃんとっても楽しかったみたいで、みんなに点数を聞いていました 

    そのあとは、ソルトのポップコーンを食べながら、パレードを見たり、ダッフィーと一緒にお写真を撮ったりしました。 

     Aちゃんソルトのポップコーンがとっても気にいったみたいで、なんと3杯も食べました。 

    みんなその姿に自然と笑顔がこぼれます 

     

     そして2日目の夜はAちゃんの大好きなディズニーランドホテルの美女と野獣のお部屋にお泊りです。 

    お部屋に到着する、とっても嬉しそうにお部屋を見渡しています 

    お姫様みたいなベッドが並んでいて、どこで寝るか家族で相談です 

     

    3日目のディズニーランドに備えて2日目の夜はぐっすり眠れたみたいです。 

     

    3日目もとってもいいお天気でした。お部屋でお写真をたくさん撮ってからディズニーランドへ。 

     

    パーク内に入るとさっそく大好きなベルがお出迎えをしてくれました。 

    ベルがAちゃんにご挨拶にきてくれました。私たちみんなで大喜びですバッチリ記念撮影もできました 

     

    まず最初に、大好きなラーメンを食べに行きました 

    ーメンをしっかり食べて体力つけてさっそくアトラクションへ今回の1番の楽しみイッツアスモールワールドです 

    Aちゃんと妹2人で小さな世界を歌っている姿がとにかく可愛くて、私たちも自然と口ずさんでいました。 

    みんなで小さな世界へ足を踏み入れます1つ1つ、エリアを周っていきます。 

    楽しそうなAちゃんをみんなで見守ります。 

     

     

    それからバズのアトラクションにも行きました。 

    可愛いモンスターズインクの被り物をして、モンスターズインクののアトラクションにも行きました。 

     

    そして、パレードも見ることができました。 

    前の方で一生懸命手を振るAちゃんにプリンセス達がご挨拶をしてくれて、とっても嬉しそうでした。 

    プリンセス達に手を振るAちゃんを見て、また一緒にディズニーランドに来ることができて本当によかったと心から思いました 

    普段、治療を頑張っているAちゃんの楽しそうな姿を、お母さんとお父さんは嬉しそうに見つめていました。 

    そんな家族の時間をサポートできることに喜びを感じるとともに、この旅行を最高の思い出にできるようにしようと改めて思った瞬間でした 

     

    お母さんが抽選で当ててくれた美女と野獣の新しいアトラクションにも乗って、ミッキーとも記念撮影をして、最後はカリブの海賊に乗って、楽しい時間は終わりを迎えました。 

    帰り際まで元気いっぱいのAちゃん。笑顔でお別れをしました。 

     

    この3日間がAちゃんとご家族にとって素敵な時間となっていたら嬉しいです。 

    またお会いできる日を楽しみにしています。 

     

     

    SmileSmilePROJECT 小林友恵 

     

     

     

  • 2021年4月 大好きな夢の国へもう一度行こう

    2021年4月 大好きな夢の国へもう一度行こう

    この体験談を読む

    今回は駿汰くんとご家族と 1 泊 2 日でディズニーランドへ行ってきました。
    出発は駿汰くんが入院している病院です。
    主治医の先生と看護師さんたちにお見送りをしてもらい、いざ出発です。

    お出かけ前からプーさんの歌を口ずさんで、少しずつ気持ちが高まります。
    大好きなカーズの帽子をかぶせてもらって準備万端です。

    ディズニーランドホテルのエントランスで家族みんなで記念撮影です。

    お天気は晴れ。まさにディズニーランド日和。
    今回もスタッフ小林と伊藤の晴れ女パワー全開です。
    入園すると、ディズニーランドの装飾はすっかり春の仕様に。お花は鮮やかな紫やピンクで
    彩られていて、春の訪れを感じさせてくれます。

    まずはパーク内をお散歩しながら、お姉ちゃんの大好きなベイマックスのところへ。
    可愛いパペットのぬいぐるみを発見。とっても可愛いです。
    買ったベイマックスを駿汰くんにも見せてあげていました。
    今回のお出かけの仲間が増えました。

     

    そのあと、新しくできた美女と野獣のエリアのお城の前で記念撮影。
    お城をバックに素敵な家族写真を撮ることができました。

     

    記念撮影の後は、駿汰くんの大好きなイッツアスモールワールドへ。
    小さな世界に入ると、駿汰くんのテンションは一気に上昇です。
    音楽にあわせてリズムをとっています。大好きな音楽にあわせてノリノリな駿汰くん、
    とっても楽しそうです。

     

    お昼休憩を挟んで今度はお姉ちゃんがお母さんとベイマックスのハッピーフライトへ!
    お姉ちゃんもとっても楽しそうでした。お母さんとツーショット写真も撮りました。

    最後はプーさんのハニーハントに乗りました。
    楽しい1日はあっという間に過ぎていきます。

    駿汰くんは、現在病院で治療を頑張っています。今日という日が、駿汰くんとご家族にとって
    楽しい思い出となっていたら嬉しいです。
    これからも SmileSmilePROJECT は駿汰くんとご家族を応援し続けます。

     

    SmileSmilePROJECT 小林友恵

     

  • 2021.3.26 春の由布院でゆっくりしよう!

    2021.3.26 春の由布院でゆっくりしよう!

    この体験談を読む

    株式会社一休ご招待企画3回目は由布院にある「玉の湯」に1組のご家族を招待することになりました。

    ちょうど桜が満開で野の虫たちも目を覚ます頃、福岡からきてくれたEちゃんファミリーをお出迎えしてくれているようです。

    Eちゃんはプリンセスのようなドレスと、頭にはお気に入りのリボンを結んでお父さんとお母さんと手をつないで元気いっぱいに来てくれました。

    到着してすぐに目に入ったのは親子の木馬。「乗ってもいい?」と聞いて、お父さん、お母さんと何度も交代をしながら乗っていました。

    途中で木馬に「疲れてない?」「ごはん食べようね」と声をかけているEちゃんの様子を見た他の宿泊客の皆さんもにっこり。

     

    玉の湯には自然がそのままに残されていて、Eちゃんが大好きな石ころ、どんぐり、アマガエル、かたつむり、サワガニなどと遭遇し、あっという間の2日間となりました。

    たくさん集めたどんぐりは、、、木馬のえさにするそう。

    想像力が豊かなEちゃんです。

     

     

    「カタツムリ出ておいで」と声をかけるEちゃん。

    なかなか出てこないので、「まだ眠いのかな?」と葉っぱのお布団と小枝の枕を作ってあげました。

     

    退院して日常生活にもどりつつあるとはいえ、ご家族には様々な不安があると思います。

    Eちゃんの入院期間中のことを想像すると、お子さんだけではなく付き添いをするご家族にも様々なストレスがあったのではないかと思います。

    お子さんと一緒にたいへんな期間を乗り越えてこられたご家族にも、ほっと一息がつける一日を過ごしていただきたい。

    そんな想いから、株式会社一休ご招待企画では部屋での食事やお風呂が可能で、家族単位でゆっくり過ごしていただけることを大切にしています。

     

    ご家族から届いたメッセージ

    「大自然に囲まれた非日常の中、心身共にリラックスし家族水入らずのかけがえのないひとときとなりました。娘にとってもよい思い出になったと思います。本当にありがとうございました。」

    Eちゃん、またお出かけしようね。

     

    SmileSmilePROJECT 吉岡春菜

     

  • 2021.1.22 家族で楽しいエンタテイメントモールへ

    2021.1.22 家族で楽しいエンタテイメントモールへ

    この体験談を読む

    今年初のお出かけは、Aちゃん家族がよく行っていたイオンモールへ久しぶりに行きたいとのご依頼です。

    入院している病院へお迎えに行くと、可愛くお化粧をして準備をしている

    Aちゃんがいました。Aちゃんも家族もお出かけの準備ばっちりで、いざ出発です。

    最初に向かったのは大好きなおうどん屋さん。

    家族みんなで食べるおうどん、懐かしい味がしたかな?

    いっぱい食べることができて大満足です。

     

    お食事の後はガチャガチャがたくさんあるエリアへ。

    可愛いガチャガチャがたくさんあって、スタッフも大はしゃぎです。可愛い動物や食べ物をたくさんゲットしました。

    お姉ちゃんも狙ったキャラクターを引き当てて大喜びです!

     

    次はゲームセンターへ行きました。

    なんとAちゃんUFOキャッチャーでクロワッサンのペンをすぐにゲット!

    とっても上手でみんなのテンションも上がります。

    ゆっくり館内を回りながら、駄菓子屋さんやタピオカのお店にも行きました。

    タピオカを飲んで喉を潤したあとは、大きめのぬいぐるみがたくさんあるゲームセンターへ行きました。

    そこで、運命の出会いがありました。

    顎がしゃくれている豚さんとの出会いです。

    家族4人で豚さんゲットのために頑張ります。しかし、しゃくれているため、なかなかバランスが取れず大苦戦。

    ガラスケースの中で、豚さんがこっちを見つめています。まるで僕を連れて帰って。と言っている様でした。

    あきらめずに頑張った結果、最後はAちゃんのファインプレーにより見事ゲットです!

    みんなで大喜びの瞬間となりました!

    豚さんを抱っこして、大満足のAちゃん家族は夕食の買い出しのため、食材コーナーへ。

    大好きな焼き鳥も買いました。

     

    おいしくて楽しい時間は本当にあっという間でした。

    帰りの車も豚さんゲットの瞬間について語り合いました。

    出発から帰宅まで笑顔溢れる楽しいお出かけとなりました。

     

    お出かけの準備を整えてくれた主治医の先生はじめ病院のスタッフの皆さま、介護タクシーのユアサイドさん、

    そしてイオンモールさん、ご協力していただき誠に感謝申し上げます。

    SmileSmilePROJECTはこれからもAちゃんとご家族を応援し続けています。

     

    SmileSmilePROJECT 担当 小林友恵

     

     

     

  • 2021.1.7 大好きなミッキーに会いたい!

    2021.1.7 大好きなミッキーに会いたい!

    この体験談を読む

    2020年最後のお出かけは、やはり今年も人気NO1だったここ!東京ディズニーランドです。

    ご家族は、前日に東京ディズニーランドホテルにチェックイン!ホテルのお部屋に一歩入ると、そこは不思議の国アリスの世界です。

    今夜はこの可愛いお部屋にお泊りし、明日のディズニーランドに備えます。

    当日の朝、お部屋にお迎えに行くと、可愛いエルサがお出迎えしてくれました。大好きなお父さんと選んだというカッコいいセーターを着たAくんも嬉しそうです。

    穏やかな陽気でお出かけ日和でしたが、夜に向けて寒さ対策も万全にして出発です。

    入園すると、まずお決まりのミッキー花壇で写真撮影。今日はラブグラフからハルキナさんも参加してくれ、家族の笑顔を写真に納めてくれます。

    ハルキナさん自身も女の子のママということですが、お子さん達をあっという間に笑顔にするのはさすがです。仲良しきょうだいの姿に、たくさんシャッターをきってくれました。

     

    きょうだいのお目当てのアトラクションは、プーさんのハニーハントとバズ・ライトイヤーのアストロブラスターとのこと。相談の結果、まずは、プーさんを目指すことにします。ソーシャルディスタンスを保つため、長くなった行列に並んで、プーさんとはちみつ探しに出かけました。少し怖くてお姉ちゃんは泣いてしまったそうですが、気を取り直してバズのアトラクションに向かいます。バズのアトラクション、お子さん達には大人気です。終わって出てきた時、たくさん点数とれたよ!と笑顔で教えてくれました。

    ここからしばし、ご家族と別行動。食事や買い物、ご家族だけの時間を楽しみます。私達もクリスマス直前の陽気なパークの雰囲気を楽しみながら、ランチタイムを過ごしました。ご家族の旅行やイベントに付き添いさせていただくメンバーは、その都度募集をさせていただくので毎回違います。その時、縁があった方たちとその日限りのチームを作るのですが、これが私はとても楽しみです。コロナ禍で、人と気軽に直接会うことが難しくなった今、こんな何気ないお喋りも貴重だなと実感しています。

    そんな、お茶時間をすごしていたら、お母さんから「今はジャングルクルーズに並んでいます」と連絡が。私達も早速そちらに向かい合流することにしました。船に揺られて気持ちよくなったようで、お父さんに抱っこされ出てきたAくんお昼寝していました。Aくんの大好きなミッキーに会えるパレードまで、休憩してパワーチャージだね。その間、お母さんとお姉ちゃんは冒険の旅にお出かけです。

    陽が落ちて暗くなると、お父さんが光のパレードに備えてキラキラのランタンを買ってきてくれました。違う種類のランタン、どちらも素敵でしたがきょうだいで好きなのが同じ!?ちょっともめていましたが、好みも同じなんてやっぱり仲良しきょうだいですね。

    あたりがすっかり暗くなるといよいよ光のパレードが始まりました。楽しみしていたパレードをみて、大好きなミッキーにたくさん手を振っていたAくん。「ミッキーどこにいたかわからなかったよ~」と言っていましたが、大丈夫!ミッキーもA君に負けないぐらい手を振り返していたよ。本物のミッキーに会えて良かったね。

     

    その後は、家族でショッピングを楽しみ、夜までパークを満喫していました。

    お母さんは「Aくんが頑張ったからミッキーに会えたんだよ!偉かったね!また頑張って一緒に来ようね」とAくんにお話をしていました。

    今度はディズニーシーがいいかな? Aくんまた一緒に遊ぼうね。

     

    活動にご賛同いただき、ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございました。

    SmileSmilePROJECT担当 伊藤和子