代表メッセージmessage

吉岡春菜プロフィール

吉岡春菜プロフィール

1979年:大阪府生まれ。
2003年:医学部卒業後、独立行政法人国立病院機構岡山医療センターで小児科専門研修を受ける。同年末にジャパンハート最高顧問の吉岡秀人と結婚。
2004年:ミャンマーに渡り、ジャパンハート国際医師実地研修に参加。
2005年:帰国後は岡山県内の市中病院に勤務しながらジャパンハートの活動に関わる。
2011年:東日本大震災の医療支援をきっかけに病院を退職し、ジャパンハートに入職。
2012年:ミャンマーに家族で渡り、国内外の医療活動に従事する。
2014年:家族と共に帰国。東日本大震災医療支援活動と共に、「すまいるスマイルプロジェクト」のプロジェクトリーダーを担当。
2017年:ジャパンハート理事長に就任。現在にいたる。

Haruna Yoshioka, MD Bio

1979-born in Osaka, Japan
2003-Graduates from medical school
Begins residency at Okayama Medical center
Marries Hideto Yoshika, Japan Heart founder
2004-Moves to Myanmar and undergoes Japan Heart in-house on the job medical training
2005-Returns to Japan
Contributes to Japan Heart activities while working at Okayama Prefectural Hospital
2011-Joins Japan Heart full time following Great East Japan Earthquake medical volunteer work
2012-Moves to Myanmar as a family and focuses on domestic and international medical activities
2014-Returns to Japan as a family and once again becomes a Great East Japan Earthquake medical volunteer
Becomes SmileSmilePROJECT Leader
2017-
Becomes Chairperson of Japan Heart

2004年に創立されたジャパンハートには、現在病院を飛び出して国内外で活動する医療者がたくさん在籍しています。

彼らが病院の外にいるからこそ、社会に貢献できることがもっとあるのではないかとずっと考えていました。
そんな時、ジャパンハートの創設者である吉岡秀人が勤務医時代の辛いストーリーを医療者たちに語る機会があり、今こそ小児がんと向き合う子どもたちと家族が素敵な時間を過ごすために、私たちにできることから始めよう!とこの活動をスタートさせました。

SmileSmilePROJECTには、小児がんと向き合う子どもも、ご家族も、医療者もみんなが笑顔になれる医療を目指そう!という意味が込められています。
治療を乗り越えたとき、命の時間を意識したときにもう一度家族であの場所に行きたい、子どもが希望する場所に連れて行ってやりたいという願いを医療者が協力することでひとつずつ大切に実現しています。

病気と向き合う子どもたちに最高の医療を届けるために医療者も日々奮闘しています。
しかし、「もうこの子どもに『治すための医療』を届けることができない」とわかったとき、医療者も実はとても辛い思いをしています。
そんな時、「子どもたちが家族とかけがえのない時間を過ごすために力を尽くすことも医療のひとつの形だ」と医療の意味を改めてとらえることができれば、日本の医療の質はよりよいものとなるのではないか、そして一番辛い時期に頑張っている子どもたちの笑顔を増やす行為を家族と医療者が共有することで、医療をとりまく人々の信頼関係はより深いものになるのではないかと思います。

いまはジャパンハートに所属する医療者が中心となってこの活動を進めていますが、少しずつ院内に勤務する医療者もボランティアで関わってくれるようになっています。
この輪がもっともっと広がって大きな渦となれば、小児がんと向き合う子どもたちやご家族が闘病中であっても一番よいタイミングで素敵な時間を過ごすことができるようになるでしょう。
そのような時間を実現することも医療の一つであると社会に浸透するまで、SmileSmilePROJECTは活動を続けます。

SmileSmilePROJECT
プロジェクトリーダー/小児科医師  吉岡春菜

Message from the Chairperson

Millions of children are fighting various illnesses all over the world. In Japan, there are roughly 2,500 new cases of pediatric cancer reported each year and through significant treatment progress, now 4 out of every 5 Japanese children with pediatric cancer can be cured.

However, treatment side effects, long hospital stays, and fear of recurrence take immeasurable physical, psychological, and economic tolls on the patients and their families.

When the initial treatment phase is completed or when the patient and his or her family is presented with the limitations of medical care, we want to give a special gift, a gift of an experience so special that its memory will remain in the patient’s heart for the rest of his or her life. However, the reality in Japan is that physicians and medical staff face enormous work loads and they cannot accompany patients and their families outside the hospital environment for these special moments. We started the Smile-Smile Operation as the medical professional volunteers of Japan Heart have more freedom from work load restraints and with more flexibility they can accompany patients and their families to create special memories.

When we look at what is happening overseas, especially in developing Asian countries, the health care programs are not sufficiently managed by the government and countless lives that could have been saved are lost to pediatric cancer due to late diagnosis, insufficient treatment environments, and lack of funds among other challenges.

We opened a Pediatric Medical Center in Cambodia and implemented medical practices to save as many pediatric cancer patients in developing Asian countries. This Pediatric Medical Center which acts as a hospital hub for pediatric cancer is a realization of our goal of saving children’s lives.